黒田賢一の買取り(調布市調布ヶ丘)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都調布市調布ヶ丘で人気書道家「黒田賢一」の額作品の査定、買取りにいってきました。調布市調布ヶ丘は府中市と隣接し中央自動車道の調布インターチェンジを降りてすぐ甲州街道の北に位置します、京王線調布駅も近く交通の便もよく住みやすい街です。また味の素スタジアムや神代植物公園などのレジャー施設も近いです。

さて今回みせていだいた書道具は「黒田賢一」額作品です。お持ちになっていた方との買取り、査定になりました。書道家というよりは書に関する作品が好きで三越、伊勢丹などの展覧会を熱心に見て回っていたようです。他に書作品を中心とした掛け軸、色紙作品が多数ありました。杉並区で30年以上買取り、査定をしていますがこういったコレクターに近い立ち位置の方と書についてお話ができることは冥利に尽きます。

黒田賢一は昭和22年兵庫生まれでかな作家の大家西谷卯木に師事します。サラリーマン生活を続けながら日展で特選を受賞し日展内閣総理大臣賞まで受賞します。その後読売書法会理事、日展理事を歴任します。従来の古筆を現代風にアレンジする作風は「大字かな」と称され、現在でも熱心なファンがいます。私もその一人です笑。

額におさまる美術品というとついつい絵画作品を連想しますが書作品も歴史的には世界に誇る内容と歴史があります。平安時代の古筆から江戸期の良寛、白隠らを始めとした僧侶、儒者、大名などの書作品から明治大正期の皇族の掛け軸作品や副島種臣、田中角栄、などの政治家の墨蹟から山本五十六、松井岩根などの軍人の掛軸、消息や手島右卿、青山杉雨などの書道家作品までざっとあげただけでも膨大な数ですね。

書作品は作家の人生などを照らし合わせて観賞するとまた違った楽しさもあります。

書道具専門買取り専門「すみのあと」では黒田賢一(額、掛け軸、色紙)の買取りを強化しております。

 杉並区で創業30年!書道具専門買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

 

 

調布市は下記地域を中心に買取りを強化しております。

調布市は入間町、上石原、菊野台、国領町、小島町、佐須町、柴埼、下石原、深大寺北町、深大寺南町、深大寺元町、仙川町、染地、多摩川、調布ヶ丘、飛田給、西つつじヶ丘、西町、野水、東つつじヶ丘、富士見町、布田、緑が丘、八雲台、若葉町などにお住いの方には出張買取りをします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)