静岡市で書道の買取 

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は静岡県静岡市駿河区で書道の買取、査定に行ってきました。静岡市は葵区、清水区、駿河区で構成され、駿河区は藤枝市、焼津市、清水区に接し、静岡市は藤枝市、富士宮市、富士市に隣接してます。駿河区は徳川家康のお膝元であるため歴史的建造物も多く日本最初の東照宮である久野山東照宮があり、多くの観光客が訪れています。杉並区で30年以上硯、掛け軸などの買取、査定をしています当社も東海道はよく使いますので呼んでいただけます、また静岡市は東京と京都大坂の通り道でもあるので西に行く途中で寄れますので伺いやすい地域でもあります。

そういった静岡市駿河区から買取、査定の対象となりました書道具は飾り墨です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。自営業で成功を収めた後早期リタイアされ、海外での生活をしたり、日本に戻ったりしながらご趣味で書道をされていた方のようです。早期リタイアとはうらやましい話ですがご趣味で書道をされるというのも日本文化に触れる良い機会ですし他の伝統芸能に比べれば手軽に始められますのでこういった形で書道に入る方は多いかもしれません。趣味ですので年齢を問わないのでいつでも始められるのが書道のいいところかもしれません。また骨董品も好きだったようで、特に伊万里焼を蒐集されていたようです。往時に比して伊万里焼はだいぶ値打ちが下がっていますがそういった時は換金目的は難しいので大事にされたほうがいい、という旨をお伝えするようにしています。

書道具も一部を除いて、やはり買値を考えると売るのは難しい値段になりますが画像の飾り墨は高く売るというものではなく愉しみで買える範囲の墨ですのでそういった心配をされる方は少ないです。画像の飾り墨は実用ではないので飾って楽しむ墨ですが人形のような可愛らしさもあり見ていて癒されますね。書道具も実用、鑑賞用など硯、墨問わず様々な意匠が施され楽しい世界ですね。可愛らしい書道具をありがとうございました、次世代の書道家の方に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道(墨)の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)