金沢市で硯の買取り 

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は石川県金沢市尾張町で硯の買取り、査定に行ってきました。川越市金沢市尾張町は上近江町、十間町、並木町、彦三町、安江町に接し、金沢市は白山市、野々市市、能美市、内灘町に隣接しております。金沢市尾張町は金沢駅に近く商店も多く住みやすい街です、また石川県は加賀市の加賀百万石の前田藩であまりにも有名です、また輪島市の輪島塗も骨董ファンの間で人気があります。金沢市は川越市同様第二次世界大戦で空襲を受けなかったため歴史的な建造物が残っており「小京都」と称されております。また日本三名園として知られる兼六円も観光地として有名です。杉並区で30年以上硯、掛軸などの買取り、査定をしています当社も書道具に限らず色々な内容で呼んでいただける地域でもあります。

そういった金沢市尾張町から買取り、査定の対象となりました書道具は硯です。書道具を所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りとなりました。ご遺族の方からお話を伺ったところその書道家の方は昔、書道教室をされていた方でした。書道に対する情熱が遺された硯、掛け軸などに顕現されておりました。青山杉雨、西川寧らの書籍があるので謙慎書道会に興味を持っていた書道家の方であろうと思いました、往時は謙慎書道会が大変な権勢を誇り日展などの書道展を目指す書道家はこぞって青山杉雨らの門弟になったようです。おそらくそういった師匠の勧める硯、掛け軸などの書道具今回伺わせていただいた書道家の方も購入していたのではないでしょうか?金銭的な問題もありなかなか難しいときもありそうですね。

師弟愛は時として様々な理由から愛憎問題になり離反するときもあると聞きます。そういった人間関係も含めて書道人生を邁進されていたのは含蓄ある人生だったのではないかと遺された硯を見て思いました。墨がべったりと残っている点も私にとってはその書道家の方の気持ちが伝わってくるようで評価点になります。次世代の書道家の方に繋いでいきたく思います。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では硯(書道具)の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)