金子鴎亭(金子鷗亭 色紙)の買い取り(千葉市中央区)

書道具買い取り専門の「すみのあと」です。本日は千葉県千葉市中央区で書道家「金子鴎亭」(金子鷗亭とも表記)の色紙の買い取り、査定に行ってきました。千葉市中央区はその名の通り千葉県の中心で千葉駅を中心に多くの商業施設、千葉市役所、警察署などの官公庁も存在しております。また千葉市美術館や千葉県立美術館もあり浅井忠や高村光太郎らの作品も所蔵されており学生時代何回か通った記憶があります。広々として気持ちのいい空間でしたね。そんな千葉市から査定、買い取りの対象となりました書道具は書道家「金子鴎亭」(金子鷗亭)の色紙です。

お持ちになっていた方から直接お電話をいただきました。書道を30年ほど熱心にされていたようですが終活の一環としてある程度の硯、掛軸などの書道具を処分されたいとのことで呼んでいただけました。杉並区で30年以上査定、買い取りをしていますが団塊の世代の方からこういったお話は非常に多くいただき、少しでもその方から当時の書道に対するお話を伺い、次世代のお役にたてればと常々思ってます。

金子鴎亭は1906年北海道松前に生まれ比田井天来に師事し同級には桑原翠邦、川谷尚亭、三宅半有、大平山濤らがいます。また飯島春敬、青山杉雨らと書壇の隆盛に尽力しており、金子兜太らの歌人ともつながるなど大変交遊の広い書道家でした。同郷の弟子である中野北溟も同じように歌人と交流していたのは師匠の金子鴎亭に通じる何かが共鳴したのかもしれません。日比野五凰は金子鴎亭と弟子の中野北溟の関係を見ていて、中野北溟が言うことを聞かない様子を見て「中野北溟を自由に書かせているあなたが偉い、すばらしいことだ」と称賛しております。書道家はトップダウンの世界であることは周知の事実ですがそういった因習に囚われない金子鴎亭の生きざまが多くの書道家、歌人との交流を実現させたのではないでしょうか?北海道には金子鴎亭の銅像まであります。

金子鴎亭は近代詩文の立役者ともいわれております。額にも拘りが感じられます、大切に扱わせていただきます。ありがとうございました。

 

書道具買い取り専門すみのあとでは金子鴎亭(色紙、掛軸)の買い取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買い取り専門「すみのあと」こちらです

書道具買い取り専門「すみのあと」

 

 

千葉県は千葉市(中央区、花見川区、稲毛区、若葉区、緑区、美浜区) 川口市、銚子市、市川市、船橋市、館山市、木更津市、松戸市、野田市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、習志野市、柏市、勝浦市、市原市、流山市、八千代市、我孫子市、鴨川市、鎌ケ谷市、君津市、富津市、浦安市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、白井市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市酒々井町、栄町 神崎町、多古町、東庄町大網白里町、九十九里町、芝山町、横芝光町白子町、長柄町、長南町、大多喜町、御宿町鋸南町などにお住いの方には出張買い取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ

い)

 参考文献 金子鴎亭 近代詩文書作家協会