豊道春海の掛け軸の買取り(練馬区豊玉南)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都練馬区豊玉南で書道家「豊道春海」の掛け軸の買取り、査定に行ってきました。練馬区豊玉南は江古田、中村南、中野区丸山、豊玉中に接し環七通りが通っています。杉並区で30年以上買取り、査定を行ってますが練馬区はお隣なのでよく呼んでいただける地域でもあります。

さて今回見せていただいた書道具は書道家であり僧侶でもあった豊道春海の掛け軸です。呼んでいただいた方は軍人関係のお宅で書道というよりは軍人関係のつながりで豊道春海とつながりがあったようです。軍人のお家柄か軍隊関係の勲章から書道の硯、書道の掛け軸作品など多数所持されていらっしゃいました。だいぶ昔に売却されたようですが軍刀もあったようです。なにぶん物騒なので遺品整理で最初に売却されたとのことです、そのお気持ちはよくわかります笑

書道の掛け軸、硯、勲章などは見ていて気分がいいので長らく飾っておいたそうですがご遺族の方も高齢になり終活の一環としてありがたいことに呼んでいただけました。

豊道春海は明治11年に栃木県に生まれ6歳で仏門に入り東京浅草華徳院の住職となります。書道の師匠は書道家としてあまりにも有名な西川寧の父親である西川春洞です。豊道春海の書道作品は楷書をベースとした書道作品が多いですが書風は気品に満ち溢れた天台宗の僧侶らしい掛け軸作品ですね。恐らく天台宗の僧侶として政界、財界、軍人関係に顔が知れ渡っていたのではないでしょうか。書道作品の多さから交友関係の広さもうかがえます。

戦後は日展に書部門を設置するために尽力します。僧侶でありながら書道に対する熱意も相当高かったようです。文化功労章という栄誉ある勲章も授与されています。豊道春海は書道家であり僧侶でもあったせいか書道作品が非常に多いです、掛け軸、額作品、色紙などはよく目にします。書道作品は多いですがそのどれもが気品に満ちた堂々たる書道作品です。素晴らしい掛け軸です。大切に扱わせていただきます。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では豊道春海の掛け軸作品の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

練馬区は旭丘、旭町、大泉学園町、大泉町、春日町、石神井、上石神井、上石神井南町、北町、向山、小竹町、栄町、桜台、下石神井、石神井台、石神井町、関町北、関町東、関町南、高野台、高松、田柄、立野町、土支田、豊玉上、豊玉北、豊玉中、豊玉南、中村、中村北、中村南、西大泉、西大泉町、錦、貫井、練馬、羽沢、早宮、東大泉、光が丘、氷川台、富士見台、平和台、南大泉、南田中、三原台、谷原、などにお住いの方には出張買取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ

い)