端渓硯(書道)の買い取り(調布市深大寺北町)

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都調布市深大寺北町で硯の買い取り、査定に行ってきました。調布市は東京都西部に位置し戦災からも免れている地域も多く閑静な住宅と緑の多い住みやすい街です。三鷹市、世田谷区、狛江市、稲城市と隣接しており杉並区で30年以上買い取り、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。深大寺北町は甲州街道と東八道路の狭間にあり仕事からよく通ります、神代植物公園もあり調布市の緑の多さを物語っております。

そういった調布市深大寺北町から査定、買い取りのお話をいただいた書道は端渓硯です。お持ちになっていた方はお亡くなりになり、ご遺族との査定、買い取りになりました。サラリーマン生活退職後、ご趣味で書道を嗜まれていたようです。硯、掛軸等の書道関係もありましたが個人的に楽しまれる空間ができあがっており私もこういった楽しめる空間がやがて持ちたいものだと羨ましい思いもありました。

端渓硯は何度となく買い取り、査定で扱っておりますが往時の書道家に大変な人気を博しどの書道家のお宅に伺いましても必ずといっていいほど査定、買い取りの対象として存在していた書道具です。書道をされる人口は実に多く400万人以上と言われております。しかし徐々に減少傾向にあるのも事実で学校の義務教育から書道をなくそう、という声も残念ながらあります。書道、茶道等の文化、芸能関係の趣味は出費がかかることが多いのも不人気の理由かもしれません

確かに今回見せていただいた端渓硯も大振りで実用というよりは飾ってみるタイプの硯ですがまともに買えば結構な金額になります。書道も茶道も身内で集まる場合が多いので「こういった書道具を買った」「あの茶器が良かった」など出費の嵩む話が多く大変な苦労話を書道、茶道をされていた方からよく伺います。日本の景気と比例して書道、茶道をされる方が減り続けるのも時代の流れでしょうか・・ある意味納得します。こういった伝統文化は国が保護するしかない時代が来るかもしれません、愚痴っぽい展開でしたがこういう展開もたまにはあります。

 

 

書道具買い取り専門「すみのあと」では端渓硯(書道)の買い取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

 書道買い取り専門「すみのあと」

 

調布市は下記地域を中心に買い取りを強化しております。

調布市は入間町、上石原、菊野台、国領町、小島町、佐須町、柴埼、下石原、深大寺北町、深大寺南町、深大寺元町、仙川町、染地、多摩川、調布ヶ丘、飛田給、西つつじヶ丘、西町、野水、東つつじヶ丘、富士見町、布田、緑が丘、八雲台、若葉町などにお住いの方には出張買い取りをします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)