硯(鳥型端渓硯)の買い取り(練馬区大泉町)

}

書道具買取り専門の「すみのあと」です。今回は東京都練馬区大泉町で硯の買い取り、査定に行ってきました。練馬区大泉町は大泉学園町、土支田、三原台、埼玉県和光市に隣接しております。仕事柄関越自動車道もよく使いますが大泉インターチェンジもあります。歴史もあり、もともとは農村でしたが江戸幕府の直轄地が多かった練馬区にしては珍しく私領が多く服部半蔵の給地(主君が家臣に与えた土地)もあったそうです。史跡も八坂神社、教学院、清水山憩いの森などがあります。

さて今回見せていただいた書道具は硯です。所有されていた方はお亡くなりになり、ご遺族との査定、買い取りになりましたが30年以上書道をされていた熱心な書道家の方だったようです。硯、墨、掛け軸などの書道具も所持されており、掛け軸は書道家関係が多かったですが現代的な作風の掛け軸作品が多かったですね。画像の硯も鳥をモチーフとした可愛らしい硯です、鳥の目に眼を合わせており硯の特徴と融合させているところに愛嬌を感じます。こういった面白みのある、可愛らしい書道具も好きな方はいらっしゃいます。墨、文鎮、水滴も動物の形をしたものを多くい所持されておりました。現代創作に近い書道具、硯が好きな方だったのでしょう、遺された書道具を見てそんな風に感じました。

杉並区で30年以上買い取り、査定をしてますがこういった遺された書道具を見ますとその方が何を目指していたのか、失礼ながら解る時があります。硯などの書道具を通して会話ができるような感覚とでも言いましょうか。個人的に楽しい時間です。

書道も学び方はそれぞれだと思いました。掛け軸も篆書、楷書よりも現代で人気の高い文言、格言を書いて商売にされる書道家もいらっしゃいます。書道もそういった意味では様々な可能性がある分野です。可愛らしい硯をありがとうございました、次世代の方につないでいきたく思います。

 

書道具買い取り専門「すみのあと」では硯の買い取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買い取り専門「すみのあと」こちらです

書道具買い取り専門「すみのあと」

 

練馬区は旭丘、旭町、大泉学園町、大泉町、春日町、石神井、上石神井、上石神井南町、北町、向山、小竹町、栄町、桜台、下石神井、石神井台、石神井町、関町北、関町東、関町南、高野台、高松、田柄、立野町、土支田、豊玉上、豊玉北、豊玉中、豊玉南、中村、中村北、中村南、西大泉、西大泉町、錦、貫井、練馬、羽沢、早宮、東大泉、光が丘、氷川台、富士見台、平和台、南大泉、南田中、三原台、谷原、などにお住いの方には出張買い取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ

い)