硯(緑端硯)の買取(練馬区練馬)

書道具買取専門の「すみのあと」です。今回は東京都練馬区練馬で硯の買取、査定に行ってきました。練馬区練馬は練馬区の中央に位置し、向山、桜台、豊玉北、豊玉上、中村、早宮に隣接しております。当社のある杉並区が隣接しておりますのでよく呼んでいただける地域でもあります。ちなみに豊島園駅はありますが「としまえん」は向山にあります。

さて今回見せていただいた書道具は硯(緑端硯)です。お持ちになっていた方はお亡くなりになり、ご遺族との査定、買取になりました。教鞭を取る傍ら書道をされていた方のようです。教職に就く方が書道をされるということは存外多く、書道家でも西川寧や青山杉雨、井上有一を始めとして結構な数の書道家が教職を兼業しているときもあります。杉並区で30年以上買取、査定をしていますが書道、茶道をされている教職の方から呼んでいただけることがあります。書道は義務教育ですし茶道も日本史、文化史に関わりますので問題意識のある方が習いに行くことはよくありそうです。

 そういった方は書道具も品の良い硯、掛け軸などが多く、時代はありませんが見ていて雰囲気のいい書道空間をお部屋に演出されています(私が勝手に読み取っているだけかもしれませんが笑)画像の緑端硯は厳密には端渓硯ではなく産地がベーリン(北嶺)ですので端硯とさせていただきました。広義には端硯も端渓硯と言えそうですが斧柯山から流れ出て西江に注ぐ渓谷の一帯から採石される石だけが端渓硯ですのでこのような表記とさせていただきました。

ペーリン(北嶺)で採石される端硯は緑端硯のほかに宋抗、梅花抗があります。名硯として名高い端渓硯の気品あふれる作風もいいですが緑端硯や宋抗の硯もどことなくあたたかみがあっていいものだと思います。恐らく所持された方も緑端硯の作風、求めやすさなどを考慮して買い求められていたのではないでしょうか?面白みのある硯をありがとうございました。次世代の方につないでいきたいと思います。

 

書道具買取り専門すみのあとでは硯(緑端硯)の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」こちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 

練馬区は旭丘、旭町、大泉学園町、大泉町、春日町、石神井、上石神井、上石神井南町、北町、向山、小竹町、栄町、桜台、下石神井、石神井台、石神井町、関町北、関町東、関町南、高野台、高松、田柄、立野町、土支田、豊玉上、豊玉北、豊玉中、豊玉南、中村、中村北、中村南、西大泉、西大泉町、錦、貫井、練馬、羽沢、早宮、東大泉、光が丘、氷川台、富士見台、平和台、南大泉、南田中、三原台、谷原、などにお住いの方には出張買取いたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具買取専門すみのあと

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ

い)