硯(歙州硯)の買取(東大和市中央)

}

書道具買い取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都東大和市中央で書道具(硯)の買取、査定に行ってきました。東大和市中央は武蔵村山市、東村山市、立川市、小平市、埼玉県所沢市に隣接しております。東大和市は青梅街道、新青梅街道が走っており、杉並区で30年以上硯、掛け軸などの査定、買取をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。歴史もあり19世紀は神奈川県でしたが東京府へ移り戦後の東京都性制施行に伴い東京都大和町として発足します。

そういった東大和市中央から査定、買取の対象となりました書道具は硯です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取になりました。地元で教員生活を30年以上されていた方であったようです。学校で教鞭を取る傍ら、書道を熱心に勉強されている方だったようです。書道も幸い?義務教育ですので研究熱心な先生は時間のある範囲で書道を勉強される方がよくいらっしゃいます。書道具を蒐集される中で火が付いたのか掛け軸などの骨董、絵画作品も買い求められていたようです。書道の研究材料として恐らく様々な絵画、掛け軸もかつては所持されていたかと思います。

画像の硯は歙州硯ですね、時代はありませんが石質もよく大事にしまわれていたのもうなずけます、そして多くの絵画、掛け軸、硯は生前処分されたようですが何故か画像の歙州硯は遺されていました。この硯の素朴な作風を気に入っていたのかもしれません。書道家の方が遺された書道具、掛け軸等から生前のご趣味を類推することはよくありますがこういった味わいのある硯が遺されていると想像力も膨らみます。素晴らしい硯です、大切に扱わさせていただきます。

 

書道具買取専門「すみのあと」では硯(歙州硯)の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

東大和市は芋窪、上北台、清原、湖畔、桜が丘、狭山、清水、新堀、蔵敷、高木、立野、多摩湖、中央、仲原、奈良橋、南街、向原などにお住いの方には出張買い取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)