硯の買取/高津区/書道具

書道具買取専門の「すみのあと」です。神奈川県川崎市高津区から書道具(硯)の査定、買取のご案内です。川崎市高津区は川崎市の真ん中に位置し多摩区、中原区、宮前区、横浜市都筑区、港北区、世田谷区に隣接しており荻窪駅そばで35年以上、掛軸、硯などの査定をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。高津区は溝の口駅を中心に商業施設が多く二子玉川駅までの路線に大井町線が乗り入れており乗降人数も多く住宅地も多く過ごしやすい町並みとなっております。このように人の往来が多く都心でもある地域は茶道、書道などをされている方も多く査定、買取のご相談はよくいただきます。

そういった川崎市高津区から査定の対象となった書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。溝の口駅のそばで仕事をされながら空いた時間で書道を嗜まれていた書道家の方だったようです。書道は茶道と違い義務教育でもあるので入口としては入りやすく硯、筆、墨、和紙の文房四宝があれば気軽に始めることができます。また松本芳翠などの書道家は尋常小学校の教科書も製作しており教科書に親しみながら書道の世界に入る教員の方も多いですね、特に教員の方は授業で書道をある買いますので研究熱心な方は書道教室に通ったり展覧会を回ったりしながら書道の知識を深める方もいます。そのように書道に興味を持たれた方は書道用品である水滴、硯箱、文鎮、宣紙なども多く所持されていることが多く、書道に興味を持ち書道用品にも愛着が湧いてくることなのかもしれません。

画像の硯は端渓硯です。硯は唐硯と和硯にわかれまして一般に中国四大硯と呼ばれる端渓硯、歙州硯、澄泥硯、トウ河緑石硯がありその中でも端渓硯は「硯の王様」として君臨しており往時の書道家、特に漢字関係の書道家に絶大な人気を博しました。特に青山杉雨、西川寧などの中国書道を中心にされていた書道家に憧れた方たちが買い求めていたのかもしれません。和硯は山梨の雨端硯、宮城県の「雄勝硯」、山口県の「赤間硯」などが有名で各地の特色が出ており各地域ごとに作家作品もあります。往時はバブル期もということもあり全国のデパートで高値で売られておりました。今となっては隔世の感もありますがそれは書道関係だけでなく骨董品、絵画なども同様であったと思われます。

今回ご依頼いただきました御遺族の方はこのような書道具を売っていいのか?あげていいのか?判断に迷われ当社にご相談いただきました。書道具は一点一点が小さく価値のある古い書道具と大量生産品の書道具の見分けが難しく、そういった意味で専門の当社にご相談いただきましたことはありがたいお話です。当社は遺品整理、終活、蒐集品の査定など幅広く承りますのでどんなことでも御気軽にお電話、メールでもご相談ください。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)