硯の買取/阿倍野区/阿倍野駅

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は大阪府大阪市阿倍野区で硯の買取、査定に行ってきました。大阪市阿倍野区は生野区、住吉区、天王寺区、東住吉区に隣接しており30年以上硯、掛軸等の査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。阿倍野区は隣接する天王寺区と共に大阪南部の繁華街を形成しておりその規模は梅田、心斎橋に次ぐ商圏でもあります。阿倍野区は金塚、高松、丸山などの町内会も強く北畠、帝塚山は高級住宅街として知られております。また近年では阿倍野駅そばに建てられた「あべのハルカス」はビルとしては日本で最も高いビルでもあります。「ハルカス」とは人の心を晴れ晴れとさせたい、という伊勢物語の一節からくみ取っているようです。

そういった大阪市阿倍野区から査定、買取の対象となりました書道具は硯です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。阿倍野駅そばで自営業をされながら書道をされていた書道家の方だったようです。仕事柄大阪市はよく行きますが自営業をされている大阪の方は実に商売熱心な方が多くまた人情もあり個人的には好きな街ですがそういった仕事中心の方にとって恐らく書道は一時の拠り所だったのかもしれません。書道も、茶道も文化活動ですので日常を離れる空間を演出するところが妙味でもあります。書道でいえば硯、掛軸、墨、筆などを配置することで一つの別世界が顕現します。そういった空間に身をゆだねることで日常の喧騒から一時離れることができたのかもしれません。

画像の硯は中国の端渓硯ですが小ぶりで可愛らしく手元に置いておきたくなる硯ですね。古い骨董品や書道具は中国で古玩と表現されますが子供のころ誰もが持っていた玩具に近い愛しさも併せ持つ存在なのかもしれませんありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)