硯の買取/杉並区

書道買取専門の「すみのあと」です。

本日は東京都杉並区で硯の買取、査定に行ってきました。

杉並区は「城西地区」と呼ばれる東京都23区の西部に位置し、東は中野区、渋谷区、西は三鷹市、武蔵野市、南は世田谷区、北は練馬区と6区市に隣り合っています。

杉並区の人口は約58万人で、面積は34.02平方キロメートルと東京23区の中では8番目の広さを持っています。比較的自然に恵まれた住宅都市としての性格をもちながら、発展してきました。

杉並区の地名の由来は江戸時代の初期、成宗・田端両村の領主が青梅街道沿いに植えた杉並木があったことに始まります。
この杉並木は明治前になくなりましたが、「杉並」の名は村名として採用され、町名、さらに区名となって現在に至っています。

そういった杉並区から査定、買取の対象となりました書道具は硯です。

今回、所持されていた方とお会いすることができました。書道教室を地元でしていた書道家の方です。
硯には大まかにわけますと中国の硯、日本の硯に分かれます。他にも李氏朝鮮に代表されるような朝鮮の硯があります。つまり硯を始めとした書道文化は世界史上アジア圏にしか存在しない稀な文化でもあります。その大本は後漢の祭倫が発明した大量生産の紙にありますがそれまでは木簡を用いていたことに鑑みますと大変便利で多くの人に伝わり伝播していった経緯があります。アジア圏の紙、硯の文化は中央集権的な指示、指令を出すことが根底にありましたがそのおかげで現代の我々も気軽に書道に触れることができたのかもしれません。

歴史を感じさせる硯をありがとうございました。

書道買取専門「すみのあと」では硯の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)