硯の買取り(国分寺市戸倉)

}

書道具買り取専門の「すみのあと」です。本日は東京都国分寺市戸倉にて書道具(硯)の買取り、査定に行ってきました。国分寺市戸倉は国分寺市北部に位置し市役所があります。杉並区で30年以上買取り、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。国分寺市戸倉は富士本、新町、日吉町、西恋ヶ窪、東恋ヶ窪、東戸倉に接し小平市、国立市、東大和市、府中市に隣接しております。国分寺市は歴史も深く大化の改新以降、武蔵国の国府であった府中と結ぶ幹線道路が繋がっており、焼失した国分寺(寺の名前)を新田義貞が寄進したこにとにより再建された歴史もあります。

そういった国分寺市戸倉から査定、買取りの対象となりました書道具は硯です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りになりました。長らく教員生活をされていた方だったようで書道関係の本、書籍以外にも大量の蔵書がありました。硯、掛け軸などを中心に買取り、査定をしています当社も元教員の方が退職後に愉しみで書道をされる方は何回も訪問させていただきました。おそらく書道は義務教育ですので熱心な書道教育をされる方はご自身で書道具を買い求められ書道家に弟子入りされる方が存外多そうです。

画像の硯は端渓硯ですが迫力のある存在感のある硯ですね、恐らく鑑賞用だと思いますが書道具を蒐集される中でこの硯が気に入ったのか、数ある硯の中でも大事な場所にありましたのでご本人はかなり気に入っていたのではないでしょうか。こういった遺された書道具を見ますとその方が何を目指していたのか、失礼ながら解る時があります。硯、掛け軸などの書道具を通して会話ができるような感覚とでも言いましょうか。個人的に楽しい時間です。

書道も楽しみ方、参加する時期、学び方はそれぞれだと思いました。掛け軸も篆書、楷書よりも現代で人気の高い文言、格言を蒐集される書道家もいらっしゃいます。書道もそういった意味では様々な可能性がある分野です。存在感のある硯をありがとうございました、次世代の方につないでいきたく思います。

書道具買取り専門「すみのあと」では硯の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

国分寺市は泉町、北町、新町、高木町、戸倉、内藤、並木町、西恋ヶ窪、西町、西元町、光町、東恋ヶ窪、東戸倉、東元町、日吉町、富士本、本多、本町、南町などにお住いの方には出張買い取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)