硯の買取り(世田谷区成城)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都世田谷区成城布で書道具(硯)の買取り、査定をしてきました。世田谷区成城は世田谷区南西に位置し喜多見、砧、祖師谷、上祖師谷、給田に接し、大田区、目黒区、渋谷区、杉並区、調布市に隣接しております。杉並区で30年以上掛け軸、硯などの買取り、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける街です。世田谷区成城は小田急小田原線の成城学園前駅を中心とした高級住宅街で有名ですね。また文化人も多く東宝撮影所が設営された以降は大江健三郎、深作欣二、石原裕次郎、黒澤明らが移住しています。地名は大正14年に牛込区から世田谷区成城に移転してきた成城学校が由来のようです。

そんな世田谷区成城から査定、買取りの対象となりました書道具は硯です。ありがたいことに硯、掛け軸を始めとした書道具を所持されているご本人から書道具に関するお話を聞かせていただく機会を得ました。相当高齢な方でしたがハキハキと話され書道や硯、掛け軸などの書道具に対するご自身の体験を元としたお話をお聞かせいただき、こちらも仕事を忘れて書道具や書壇のお話に没頭してまいました。画像の硯は豪壮な作風の硯です。時代はあるようにも見えますがこういった硯は当時デパートで購入すれば高額な硯であったであろうことは想像に難くないです。硯ももちろん古硯が高額な古美術品ですが真贋が大変難しく残念な結果になってしまうことも少なくありません。特に骨董、古美術の世界にはつきまとう話ですがこればかりは鑑定書のない世界である以上仕方がないのかもしれません。

当時の書道家は横の交流も強く何人かで蒐集された掛け軸、硯などの書道具を見せ合ったり交換しあったりして交流を図っていましたが、真贋はさておいてそういった時間はかけがえのない青春だったのではないでしょうか。硯ひとつ拝見しましても往時の熱気が伝わってくるようです。想像力の膨らむ硯をありがとうございました。次世代の書道家に伝えていきたく思います。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では硯(書道具)の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

世田谷区は下記地域を中心に買取りを強化しております。

世田谷区は池尻、上馬、経堂、駒沢、桜、桜丘、三軒茶屋、下馬、世田谷、太子堂、弦巻、野沢、三宿、宮坂、若林、奥沢、尾山台、上野毛、上用賀、駒沢、駒沢公園、桜新町、新町、瀬田、玉川、玉川台、玉川田園調布、玉堤、等々力、中町、野毛、東玉川、深沢、用賀、宇奈根、大蔵、岡本、鎌田、喜多見、砧、砧公園、成城、祖師谷、千歳台、船橋、粕谷、上北沢、上祖師谷、北烏山、給田、八幡山、南烏山と駅は二子玉川、下北沢、成城学園前、駒澤大学、用賀、千歳烏山、明大前、池尻大橋、千歳船橋、桜新町、祖師ヶ谷大蔵、下高井戸、等々力、梅ヶ丘、桜上水、尾山台、豪徳寺、松陰神社前、代田橋、芦花公園、九品仏、新代田、上町、世田谷代田、池ノ上、東北沢、東松原、若林、宮の坂、松原、山下、西太子堂などにお住いの方には出張買取りをします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)