石井雙石の掛け軸の買取り(杉並区南荻窪)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都杉並区南荻窪で書道家「石井雙石」の掛け軸の買取り、査定に行ってきました。杉並区南荻窪は杉並区の中央に位置し善福寺川が流れる閑静な住宅街です。環八通りが通り上荻、荻窪、宮前、西荻北に隣接してます。杉並区で30年以上買い取り、査定をしていますが当社のある荻窪に隣接しているためよく呼んでいただける地域でもあります。また公園も多く与謝野晶子、与謝野鉄幹が住んでいた住宅を改装した与謝野公園もあります。杉並区の文人趣味を体現した公園ですね。

さて今回見せていただいた書道具は書道家であり篆刻家でもあった「石井雙石」の掛け軸です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りになりました。石井雙石のお弟子さんの書道家だったようで師匠である石井雙石の掛け軸作品、額作品を所持されていました。硯、墨を始めとした書道具もありましたがやはり篆刻用の印材、道具が多かったですね。

石井雙石は幼名を石松、その後改名して硯という書道中心の覚悟ともいえる名前にします。号は雙石です。作品には多くこの号が用いられます。落款には本名の「硯」が使われることもあり、青山杉雨を始めとした、殿村藍田など多くの書道家は本名を落款に入れることがよくあります。石井雙石は明治6年千葉に生まれその後儒学者の島田順堂に漢学を師事し陸軍生活を送り日清、日露戦争に従軍します。その後五世浜村蔵六に篆刻を教わり、河井セン蘆に師事します。篆刻では革新的な分野を開拓しながらも日下部鳴鶴に師事するなど書道に関しても切磋琢磨し続けます。石井雙石の篆刻技術は広く知られることとなり棟方志功、石井柏亭らの絵画、掛け軸作品にも篆刻の仕事が頼まれるようになります。晩年は埼玉県に移住し99年の生涯を終えます。

画像の掛け軸作品は石井雙石の豪壮な作風を体現しております。篆刻がやはり第一人者ではありますが書道の掛け軸作品もこれはこれで床の間に飾りたくなりますね。次世代の方につないで行きたく思います。

書道具買取り専門「すみのあと」では石井雙石の掛け軸の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

 

杉並区は下記地域を中心に買取りを強化しております!

杉並区内は阿佐ヶ谷、天沼、井草、和泉、今川、梅里、永福、上井草、荻窪、久我山、上高井戸、高円寺北、高円寺南、清水、下井草、下高井戸、松庵、善福寺、高井戸、成田、西荻北、西荻南、成田西、成田東、浜田山、方南、堀ノ内、本天沼、松ノ木、南荻窪、宮前、桃井、和田、などにお住いの方には出張買取りいたします、東京を始めとした関東圏に加え、全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)