百選墨の買取(川崎市中原区)

書道具買取専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県川崎市中原区で百選墨の買取、査定を行ってきました。川崎市中原区は川崎市の中央に位置し高津区、横浜市に隣接しています。東京都心や横浜へのアクセスも良く川崎市の中では人口も多いです。また川崎市民ミュージアムや等々力陸上競技場もあり手軽にレジャーが楽しめる街です。

さて今回見せていただいた書道具は百選墨(墨運堂)です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取になりました。墨に拘りのある書道家の方だったようで古墨は所持されてなかったようですが墨運堂や呉竹精昇堂の記念墨を中心に所持されておりました。現代書道家の掛け軸や端渓硯も所持されていましたが書道関係の書籍も多数蒐集されていました。研究というよりコレクター寄りの方だったのでしょうか。墨に関しては恐らく実用で使う墨と百選墨のような記念墨はすみ分けて蒐集されていたのではないかと思えます。百選墨は墨運堂が良質な墨を製作しようとし、昭和40年代から30年かけて文字通り100種類製作した一大プロジェクトです。熱心な書道家の方は全種類所持されています。書道家も様々な方がいらっしゃって墨を使わずにコレクションされる方もいらっしゃいます。百選墨は普段使いというよりは書道具愛好家の蒐集癖を煽る墨だったのかもしれません。同じことが硯や印材でもよくあります。好きな書道家の掛け軸を年代別に蒐集されている方もいらっしゃいました。ある種骨董品と同じコレクター魂がくすぐられるのかもしれませんね。個人的には百選墨は墨一点一点に流麗なタイトルが冠され、気軽に使うにはもったいない気もします。

杉並区で30年以上買取、査定を行っていますがこういった上質な墨に出会えることは非常に仕事冥利に尽きます、またこういった墨を端渓硯で摺ると何とも言えない落ち着きが生まれるのではないでしょうか。素晴らしい墨です、大切に扱わさせていただきます。

書道具買取り専門「すみのあと」では百選墨の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

 ↓

書道具買取専門「すみのあと」

 

川崎市は下記地域を中心に買取を強化しております。

川崎市は麻生区、川崎区、幸区、高津区、多摩区、中原区、宮前区、寒川町などにお住いの方には出張買取をします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)