水滴の買取/豊島区

書道具買取専門の「すみのあと」です。東京都豊島区から書道具(水滴)の査定、売却のご案内です。東京都豊島区は東京23区の北西にあり中野区、新宿区、北区、文京区、練馬区に接しており杉並区で30年以上硯、書道具、掛軸などの査定、買取をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。豊島区は池袋駅を中心に巨大な繁華街がありサンシャインなど大型の施設が多数あります、また西口は昔ながらの下町の情緒ある風景もあり様々な顔を持つ街でもあります。

そういった豊島区から査定、買取の対象となりました書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。豊島区でサラリーマン生活をされながら隙間時間で書道をされていた書道家の方だったようです。書道具は文房四宝である硯、墨、筆、和紙などがあれば手軽に始めることができ茶道、香道に比べて入りやすい世界かもしれません、また水滴、文鎮、硯箱、画仙紙などの書道用品も都内であればすぐに手に入れることもできますので学校帰り、通勤帰りに書道をされる方も多いと思います。

また画像の書道具は水滴ですが書道具の歴史を感じさせる道具でもありますので個人的には愛着があります。現在は義務教育の書道では墨汁を使用しておりますので水滴の出番は少ないですが水滴はもともと硯に水を垂らす容器として発生しましたがそれだけ当時の中国には水が貴重であったからこそこういった容器が生まれたわけです。その歴史を考えますと水滴ひとつとりましても多くのバリエーションがあることも頷けます。銅器の水滴や伊万里、李朝などの骨董品としての水滴や作家作品のものまで多様にわかれております。また煎茶道具の急須を水滴にみたてる方もおり、好きな方は水滴だけでも何十点も蒐集されております。そういった書道具、書道家作品を売却される際は細かい知識がないと査定は難しいかもしれません。

今回御相談いただいた御遺族の方はこのような水滴の背景をご存じなかったので説明したところご理解いただけて何よりです。書道具は一点一点が小さく可愛らしいものから美術品まで非常に多岐に渡ります。そういった書道具が売れるのか?あげていいのか?売れるとしたらいくらくらいなのか?御判断に迷った時は専門の当社にご相談ください。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)