比田井天来(書籍、本)の買い取り(三鷹市野崎)

}

 

書道具買い取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都三鷹市野崎で書籍(比田井天来)の買取り、査定に行ってきました。三鷹市野崎は市役所があり三鷹市南部に位置し井口、深大寺、上連雀、下連雀に接し、三鷹市は杉並区、武蔵野市、小金井市、府中市、調布市に隣接しております。杉並区で30年以上硯、書道具、書籍などの買い取り、査定をしています当社もお隣なのでよく呼んでいただける地域でもあります。三鷹市野崎は東八道路、人見街道も走っており仕事上良く通ります。

そういった三鷹市野崎からお呼びいただいた書道具は比田井天来の本、書籍です。お持ちになっていた方はお亡くなりになり、御遺族との査定、買い取りになりました。サラリーマン生活を退官後ご趣味で書道、茶道をされた趣味人の方だったようです。硯、掛け軸などの書道具よりも圧倒的な蔵書に驚愕しましたが、サラリーマン生活を早期退職されてからご自身の趣味を追及される方は存外多く、そういった方は文人趣味の方が多いのかマニアが唸るような本、書籍を所持されている方が多いですね。

「比田井天来伝」は知る人ぞ知るエピソードがあり、書道家としての比田井天来の解説はもちろんですが人間としての比田井天来の話も多く、子供のころからやんちゃ坊主だった逸話や日下部鳴鶴四天王の一人である丹羽海鶴と「守愚会」なる自虐的な名前の会合を結成し酒を飲み交わしていた逸話など比田井天来らしい豪快なエピソードがあり読者を飽きさせません。こういった〇〇伝という書籍が出版されること自体比田井天来が書道家としても人間的にも当時権勢を誇っていたということなのでしょう。興味深い書籍をありがとうございました。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では比田井天来の書道作品(掛け軸、書籍、本)の買い取りを強化しております。

 杉並区で創業30年!書道具買い取り専門「すみのあと」こちらです

 ↓

書道具買い取り専門「すみのあと」

 

三鷹市は下記地域を中心に買い取りを強化しております!

井口、井の頭、大沢、上連雀、北野、下連雀、新川、深大寺、中原、野崎、牟礼などにお住いの方には出張買い取りいたします。東京都を始めとした関東圏に加え、全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具専門買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ