歙州硯( 水波硯)の買取(練馬区石神井)

書道具買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都練馬区石神井で歙州硯の査定、買取に行ってきました。練馬区石神井は練馬区南部に位置し、三原台、谷原、東大泉、石神井台、高野台に隣接しおります。石神井公園駅を中心に商店街が広がる閑静な住宅街です。地名の由来は井戸から石剣が現れたことから「石神の井」と呼ばれ、そのまま地名となったようです。さて今回見せていただいた書道具は歙州硯です。持っていらっしゃった方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取になりましたがお話を伺う限り熱心な書道家の方でご自身が師事していた先生の掛軸、色紙作品を膨大に所持されていました。この歙州硯は先生から直接いただいた硯だったようです。書道家は先生とのつながりが非常に強いのも特色ですね。

杉並区で30年以上査定、買取をしていますが熱心な書道家のお宅はご自身の掛軸、色紙作品から先生の作品まで膨大にあり遺族の方がどのように片づけをしていいかわからない、という相談をよく受けます。ご家族が大事にされていた作品ですのでお気持ちはよくわかります、掛軸は数が多いと持ち運びも大変ですし、まして硯は重いです笑。

歙州硯は江西省の北東、龍尾山の麓、芙蓉渓に沿った山深い仙境にあります。現在でも豹や狼が生息している危険な地域でもありますがこういったところから採石される歙州硯が美術品となるのも興味深い話です。歙州硯は石文(石の紋様)が多様です、波をうったように見える「水波文」や魚が泳いでるように見える「魚子文」他にも金色の模様が出る「金星」や他にも「銀星」「金暈」「銀暈」「長眉子」「短眉子」「豆斑文」など数多くあります。歙州硯はこういった絵画的な美しさもあり墨も摺りやすいので大変人気があります。

先生からお弟子さんにつないだ歙州硯を次世代の方につないでいきたいと思います。

 

書道具買取専門「すみのあと」では歙州硯( 水波硯)の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」こちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 

練馬区は旭丘、旭町、大泉学園町、大泉町、春日町、石神井、上石神井、上石神井南町、北町、向山、小竹町、栄町、桜台、下石神井、石神井台、石神井町、関町北、関町東、関町南、高野台、高松、田柄、立野町、土支田、豊玉上、豊玉北、豊玉中、豊玉南、中村、中村北、中村南、西大泉、西大泉町、錦、貫井、練馬、羽沢、早宮、東大泉、光が丘、氷川台、富士見台、平和台、南大泉、南田中、三原台、谷原、などにお住いの方には出張買取いたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ

い)