横浜市で硯(書道具)の買取り 

}

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県横浜市中区で書道の買取りに行ってきました。横浜市中区は馬車道で有名な馬車道駅、桜木町駅があり西区、磯子区、磯子区に接し、横浜市は鎌倉市、逗子市、横須賀市、藤沢市、大和市、川崎市に隣接します。また競馬場でよく利用される京浜急行、日ノ出町駅もあります。杉並区で30年以上硯、掛軸などの書道具を買取り、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。

そういった横浜市中区から買取り、査定の対象となりました書道具は硯としてあまりにも著明な端渓硯です。お持ちになっていた方は残念ながらお亡くなりになりご遺族と端渓硯の査定、買取りになりました。亡くなられた書道家の方が所持されていた書道具の遺品を拝見させていただきましたが数ある硯の中で画像の端渓硯が作行きが面白いと思いました。梅花をモチーフとした端渓硯梅花硯といえましょう。少し興味がわきましたので水で濡らして他の氷紋などがあればなお評価があがるので試しに濡らしてみましたがそういった形跡は残念ながら見つかりませんでした。それでも石質も木蓋も良く時代はありませんが飾ってみるにも実用としても頼もしい端渓硯ですね。

書道をされる方はとにかく端渓硯を買われていた時代が確かにありました。往時は端渓硯が至上の硯とされ高島屋、三越などで硯の展示販売会がよく開催されており当時は高額だったことが容易に推察できます。この硯はそこまで高額なものではありませんが書道家の方が愉しみで眺めるには十分効果があります。例え高額な硯を購入されても贋物であれば後々悲しい思いをされる方は多いです。いい買い物をされた書道家の方だったと思います。次世代の書道家の方にお渡ししたく思います。上品な硯ですね、大切に扱わさせていただきます。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では硯(書道具)の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)