横浜市で書道の買取り 

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県横浜市青葉区で書道の買取りに行ってきました。横浜市青葉区は青葉台駅やたまプラーザ駅などがあり町田市、麻生区、川崎市宮前区に接し、横浜市は鎌倉市、逗子市、横須賀市、藤沢市、大和市、川崎市に隣接します。また市ヶ尾駅周辺には青葉警察署、青葉区役所などがあり行政上で重要な役割を担っております。青葉区は地域上が殆ど丘陵地帯であり東京都心に通勤、通学する人が非常に多いです、杉並区で30年以上硯、掛け軸などの買取り、査定をしています当社も近く頻繁に呼んでいただける地域でもあります。

そういった青葉区から査定、買取りの対象となりました書道具は文箱です。書道具を所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りになりました。横浜市でサラリーマンをされながら日常の楽しみで書道に興味を抱かれお時間のある時に書道教室に通われていた書道家の方だったようです。遺された書道関係の書籍、本から察する限り書道講座、○○辞典がありましたので恐らく保守本流の書道を研究されていた方だったと思います。楽しみで書道をされるといってもそこは人それぞれですので言葉一つとっても書道に対する熱意はだいぶ様変わりします。そういった書道家の方のお気持ちを現場で汲み取るわけですがこちらも及ばずながら努力させていただいているつもりです。

画像の書道具は文箱です手軽で持ち運びやすいうえいに硯、墨、筆も収まりますので大変扱いやすいですね。恐らくこの文箱を持って書道教室に通われていたのでしょう。今日はどんな墨を持っていこうか、明日はこの硯で行こうなど、書道に対する想いを巡らせながら書道教室に通われていたかもしれません。個人的にこういった想像(妄想)がこの仕事の愉しみでもあります。思い出に携わることのできる書道具をありがとうございました、次世代の書道家の方に繋いでいきたく思います。

 

書道買取り専門「すみのあと」では書道の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)