栗原蘆水の買い取り(神奈川県中郡大磯町)

書道具買い取り専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県中郡大磯町で書道家栗原蘆水の額作品の買い取り、査定に行ってきました。中郡大磯町は歴史もあり、中世には国府(政令をつかさどる場所)があり江戸期には東海道の宿場町として栄えておりました。近代以降は海水浴場として開かれ現在でも堤義明率いる西部グループの大磯ロングビーチは有名ですね、「海のそばにプールを作って儲かるわけがない」と言われながらも大成功を収めた逸話は有名です。中郡大磯町は日本有数の別荘地としても有名です。明治時代から昭和にかけて多くの政治家、文人などが避暑地として利用しており、吉田茂、伊藤博文などはとくに有名です。他にも西園寺公望、大隈重信、岩崎弥之助、陸奥宗光など政財界の要人が多くいました。

さて今回見せていただいた書道具は栗原蘆水の額作品です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との買い取り、査定になりましたが熱心な書道家の方であったようで栗原蘆水の掛け軸作品、色紙作品を持ってらっしゃいました。栗原蘆水の弟子筋か関係者だったのかもしれません。書道具も硯、墨、印材、和紙なども揃っており熱心に書道具も収集されていたようです。栗原蘆水は広島出身でサラリーマンを辞めた後村上三島に師事します。日展で特選を受賞し蘆交会を設立し書道界の発展に寄与します。その後日本芸術院賞を受賞し日展理事となります、勲四等旭日小授章という栄えある勲章も受賞します。作風は師匠の村上三島、三島の師匠の辻本史邑の影響を受けた躍動感のある書風ですね。

こういった書道家作品を次世代の方にお伝えしていきたいと思います。

書道具買い取り専門「すみのあと」では栗原蘆水の作品(掛け軸、額、色紙)の買い取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買い取り専門「すみのあと」こちらです

書道具買い取り専門「すみのあと」

神奈川県は以下の地域を中心に買い取りを強化してます。

神奈川県は愛甲郡相川町、愛甲郡清川村、足柄上郡大井町、足柄上郡中井町、足柄上郡松田町、足柄上郡山北町、足柄上郡箱根町、足柄上郡真鶴町、足柄上郡湯河原町、厚木市、伊勢原市、海老名市、小田原市、鎌倉市、川崎市麻生区、川崎川崎区、川崎市幸区、川崎市高津区、川崎市多摩区、川崎市中原区、川崎市宮前区、高座郡寒川町、相模原市、相模原中央区、相模原緑区、相模原市南区、座間市、逗子市、茅ケ崎市、中郡大磯町、中郡二宮町、秦野市、平塚市、藤沢市、三浦郡葉山町、三浦市、南足柄市、大和市、横須賀市、横浜市青葉区、横浜市旭区、横浜市泉区、横浜市磯子区、横浜市神奈川区、横浜市金沢区、横浜市港南区、横浜市栄区、横浜市瀬谷区、横浜市都筑区、横浜市鶴見区、横浜市中区、横浜市西区、横浜市保土ヶ谷区、横浜市緑区、横浜市南区などにお住いの方は出張買い取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具専門買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくださ