松本芳翠の掛軸の買取り(杉並区和田) | すみのあと 東京本店

松本芳翠の掛軸の買取り(杉並区和田)

書道具買取り専門のすみのあとです。本日は東京都杉並区和田で松本芳翠の掛軸の買取り、査定を行ってきました。杉並区和田は杉並区東部に位置し青梅街道、環七通りに接します。梅里、方南と接し東部は中野区と接し、南東部は中野区弥生町に接します。また和田二丁目には立正佼成会の本部があります。

さて今回見せていただいた書道作品は人気書道家「松本芳翠」の三行書の掛軸です。所持していた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りになりましたがご遺族の方もご高齢で終活をお考えになりある程度売却されたい、とのことでお呼びいただけました。日本芸術院会員である松本芳翠(松本英一)は明治26年愛媛に生まれ、今治中学校を卒業後、加藤芳雲、近藤雪竹、日下部鳴鶴に師事します。その後「書海社」を設立し競書誌「書海」を発行します。その後も戊辰書道会、東方書道会などを設立し大変精力的に書道活動をしていきます。その後日展評議員から日展参与まで登りつめ紺綬褒章という栄誉ある勲章を授与されます。

書風は大変流麗でどんなに難しい作品も華麗な書作品に仕立て上げてしまう力は「剛腕」と評され現在でも「芳翠流」といわれ現在の書道家に受け継がれてます。松本芳翠の掛軸作品は見ていて清々しい気持ちにさせる力があります。こういった買取り、査定の仕事を杉並区で30年以上行ってますが松本芳翠の書作品、特に掛軸はよく査定、買い取りする機会があります。それだけ人気作家だったというのも頷けます。そういったわけで松本芳翠のお弟子さんのお家にはよく呼ばれますが、皆様ご自宅の一番見栄えのいい所に松本芳翠の掛軸、書額、色紙を飾っています。お弟子さんだけでなく松本芳翠のファンも同じことをされてます。そういった方は硯や墨も豪壮なものよりシンプルな作品を持ってる気がするのは気のせいでしょうか。

私も松本芳翠の掛軸、色紙作品はしばらく持っていたくなる衝動にいつも駆られてしまいます。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では松本芳翠の掛軸作品の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」こちらです

 ↓

書道具買取り専門「すみのあと」

 

杉並区は下記地域を中心に買取りを強化しております!

杉並区内は阿佐ヶ谷、天沼、井草、和泉、今川、梅里、永福、上井草、荻窪、久我山、上高井戸、高円寺北、高円寺南、清水、下井草、下高井戸、松庵、善福寺、高井戸、成田、西荻北、西荻南、成田西、成田東、浜田山、方南、堀ノ内、本天沼、松ノ木、南荻窪、宮前、桃井、和田、などにお住いの方には出張買取りいたします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのお気軽にお問い合わせください。

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)