松井如流(色紙、掛け軸)の買取り(小平市小川町)

書道具買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都小平市小川町で書道具(松井如流)の色紙(掛け軸)の買取り、査定に行ってきました。小平市小川町は小平市西部に位置し、中島町、上水新町、津田町、たかの台、学園東町、仲町、栄町、小川西町に接し、国分寺市、国立市、小金井市、東久留米市、西東京市、東村山市に隣接します。杉並区で30年以上買取り、査定してます当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。小川町は歴史もあり、江戸時代の小川一帯という人物が地名の由来になったようです。

そんな小平市小川町で査定、買取りの対象となりました書道具は書道家「松井如流」の色紙、掛け軸です。お持ちになっていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りになりました。松井如流の掛け軸作品を所持されており、硯、墨なども良い状態で保存されており、書籍も青山杉雨、西川寧等の名だたる書道家の作品が多かったです、よほど熱心に書道を研究されていたのではないでしょうか。松井如流は新潟県の農村出身の書道家ですがその後、比田井天来に薫陶を受け書壇の中心的存在になります。個人的には大らかで好きな作風ですがこの境地に辿り着くまでは相当の苦労があり、以下のように述懐します。

「思えば、書の道は難しい、書には常に心と形がある。形を得ても心がこれに共わぬことがあり、その反対に心があって形がそれについてゆけぬということもある。また形を支える点や線の働きが本当に生きているかどうが悩みぬくのである。」ベートーヴェンの交響曲ではありませんが「苦悩から歓喜」を体現した数少ない書道家ではないでしょうか。松井如流の掛け軸作品を見るたびに松井如流の書道哲学を垣間見ることが至上の喜びかもしれません。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では松井如流(掛け軸、色紙)の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

 書道具買取り専門「すみのあと」

 

小平市は大沼町、小川町、小川西町、小川東町、学園西町、学園東町,喜平町、栄町、上水新町、上水本町、上水南町、鈴木町、たかの台、津田町、天神町、中島長、仲町、花小金井、花小金井南町、美園町、御幸町、廻田町などにお住いの方は出張買取りいたします。関東圏だけでなく全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)