木村知石の掛け軸の買い取り(世田谷区世田谷)

書道具買い取り専門の「すみのあと」です。本日は世田谷区世田谷で大阪の書道家木村知石の掛け軸の買い取り、査定に行ってきました。世田谷区は歴史的には武蔵国と呼ばれる地域で戦後東京市に編入されます。世田谷区は東京23区でも人口が一番多く世田谷、玉川、北沢、砧、烏山など広範囲にひろがっている住宅地域であり閑静な街です。当店が営業している杉並区に隣接しており買い取り業務でよく呼んでいただける地域でもあります。

さて今回見せていただいた書道家作品は木村知石の掛け軸です。木村知石は大阪生まれの書道家で黒木拝石の弟子です、大変研究熱心な書道家だったようで端渓硯を始めとした古い硯、印材、書道家の掛け軸などの書道作品を所持し手島右卿率いる独立書人団にも参加します。私も手島右卿の掛け軸作品は何度も取り扱いさせていただきましたが書作品を芸術領域まで高めた天才書道家です。当店にも手島右卿の掛け軸作品はありますが売りたくないので高値で出してます笑

私は不幸なことに木村知石に面会したことはありませんがある種「書道の鬼」といえる書道家だったのではないでしょうか?木村知石は大阪の書道家ですが世田谷区世田谷の書道家もコレクションするほど全国区の書道家であったと思います。世田谷の書道家もお亡くなりになった後でしたので、面会はできませんでしたが遺された硯、掛け軸作品を見れば大変熱心な書道家であったことはすぐにわかりました。

一流は一流を知るのかもしれません。かつてのスター選手であった書道家の掛け軸作品に出会えることは無上の喜びです。この素晴らしい掛け軸作品を次世代に伝えていきたいと強く思います。

書道具専門買い取り専門「すみのあと」では木村知石の掛け軸の買い取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具専門買い取り専門「すみのあと」はこちらです

 書道具専門買い取り専門「すみのあと」

 

世田谷区は下記地域を中心に買い取りを強化しております。

世田谷区は池尻、上馬、経堂、駒沢、桜、桜丘、三軒茶屋、下馬、世田谷、太子堂、弦巻、野沢、三宿、宮坂、若林、奥沢、尾山台、上野毛、上用賀、駒沢、駒沢公園、桜新町、新町、瀬田、玉川、玉川台、玉川田園調布、玉堤、等々力、中町、野毛、東玉川、深沢、用賀、宇奈根、大蔵、岡本、鎌田、喜多見、砧、砧公園、成城、祖師谷、千歳台、船橋、粕谷、上北沢、上祖師谷、北烏山、給田、八幡山、南烏山、などにお住いの方には酋長買い取りをします、関東圏に加え全国出張も承ります。

 

店舗 書道具専門買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~1700

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)