書道用品の買取/瀬谷区

書道具買取専門の「すみのあと」です。横浜市瀬谷区から書道用品の査定、買取のご案内です。横浜市瀬谷区は横浜市の西側に位置し緑区、泉区、旭区、大和市、町田市に接しており荻窪駅そばで35年以上、掛け軸、硯などの査定をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。瀬谷区は大和市との間に境川があり、最近の水害が多い今日この頃では注意がもとめられるか書でもあります。瀬谷区は歴史も深く縄文時代より遺跡が多数発掘されており特に住居が多かったようです。また室町期には鎌倉伊賀等を中心に戦国武将にとって要衝の地でもありました。

そういった瀬谷区から査定、買取の対象となりました書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。瀬谷区で某企業に勤めながら空いた時間で書道を愉しまれていた書道家の方だったようです。瀬谷区には存外企業が多く住鉱テックやマインマートなど名だたる企業がありそういった企業に勤めながら地元で空いた時間に書道、茶道などの文化活動をされることは大変有意義な時間であったようにも思えます。書道具があるお部屋を拝見させていただきましたが文房四宝といわれる硯、墨、筆、和紙や水滴、筆筒、硯箱、印材などの書道用品もかなり揃っており書道の展覧会でいただいた文鎮もあるところを察するに熱心に展覧会を回っておられた書道家の方だったかと思われます。また手本関係も多く青山杉雨、西川寧、松本芳翠、今井凌雪らの教職にも就いていた書道家の手本があるあたりはよく勉強されているな、と思いました。書道用品は墨汁などが一般的でそういったものが大量にある場合どうしていいかわからずご相談いただくことはよくあります。特に書道用品は大量生産が多いですがそういった中にも古端渓硯や鶏血石など高価な書道用品もあることがあります。

書道具は一見すると地味で小さいものが多くたとえば山田正平が製作した印材と文房具店で練習用に買った印材はよく見ればわからないことはないですがぱっと見ただけでは判断がつかないことがあります。他にも色紙、短冊などの書道用品は売れるのか全く判断がつかないかもしれません。書道用品をはじめとした遺品といったものは所持されていた方が愛情を持っていただけにどのように次世代につないでいけばいいのか判断が難しいところでもあります。

こういったものは価値がわかる方にとってはすぐに見分けられますがご興味のない御遺族にとっては売っていいのか?捨てていいのか?あげていいのか?逡巡されることが多々あると思います。そのような時に当社をご選択いただたきお声がけをいただきましたことは実に光栄でもあります。また当社は生前整理、遺品整理終活など幅広く対応しておりますのでご自宅に眠っている価値の分からない書道具などがありましたらお気軽にお電話、メールでもご連絡いただけたらと思います。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道用品の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)