書道用品の買取/港区/印泥

書道具買専門の「すみのあと」です。先日宅配買取りで港区から書道用品を送っていただきました。港区は東京特別区のひとつです。港区は中央区、千代田区、江東区、品川区などと隣接しており杉並区で30年以上硯、掛軸などの査定をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。また品川駅は品川区のようでいて実は港区でもあります。港区は江戸時代より政治、文化の中心でもあり広大な武家屋敷と町人街があり活気のある街でもありました。近年は新聞社やマスコミの立地が多く高価な土地でもあります、また政治経済に関する建物も多く駐日大使館が大変多く存在しております。文化度も高く歴史ファンにはたまらない赤穂浪士の墓として知られる泉岳寺や代々徳川家の菩提寺でもある増上寺など格調の高い建造物も多数あり、多くの観光客が訪れています。

そういった港区から査定、買取の対象となりました書道用品は印泥です、所持されていた方はお亡くなりになりご遺族の方からの発送でした。書道具を拝見させていただきましたところ印泥が多く書道用品をだいぶ使い込んでいらっしゃった形跡がありました。よほど熱心な書道家の方だったようです。書道具も未使用の状態で査定される方とだいぶ使い込まれてから査定される方がいらっしゃいますがもちろん未使用が高値になりますが使い込まれた書道用品もこれはこれで書道家の方にいかに愛されていたかわかりますので素晴らしい痕跡であると私事ながら思ったりもしています。

印泥とは印材の落款を押す際につかう今でいう朱肉のようなものです。印泥は安価なものでは数千円から売っており原料はモグサなどの植物繊維や松脂などを原料としています。数ある書道用品の中でも頻繁に使うことから数多く所持されている書道家の方も多いです。この印泥をこねる作業は手間がかかりますが印泥をこねながら精神を統一されていたのかもしれません、ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道用品の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)