書道用品の買取/渋谷区

書道具買取専門の「すみのあと」です。東京都渋谷区から書道用品の査定、買取のご案内です。渋谷区は渋谷駅を中心に繁華街があり品川区、新宿区、目黒区、中野区、世田谷区、杉並区に隣接しており杉並区で30年以上硯、掛軸の査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。また渋谷区は渋谷駅から離れた青山、表参道はファッションの聖地として日本全国、海外からも観光客が来客します、また明治神宮の初詣は日本一の参拝者数を誇ります。

そういった渋谷区から査定、買取の対象となりました書道用品があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。渋谷区で教員をされながら空いた時間で書道の勉強をされていた書道家の方だったようです。書道は義務教育でもありますので書道の授業をされながらだんだんとご自身も書道に興味を持ち書道教室に通われる教員の方も多いです、戦前は松本芳翠、西川寧などは教員をしながら書道をされる方も多く書道と教育は常に一体化しておりました。またそういった方は硯、墨、筆、和紙等の文房四宝は丁寧に保存されている方も多く水滴、文鎮、硯箱、宣紙などの書道用品も大事に扱われている方が多いです。書道用品も自身の仕事を預ける伴侶でありますので大事にされる方は実に多いですね。画像の書道用品は実用のものが殆どですが筆も良く使い込まれており熱心に書道をされていた形跡が伺えます。このような実用関係の書道用品を所持されている方は存外多くまた数もあるためご遺族の方がどのようにしていいかわからない方が多くよく相談を受けさせていただきます。

今回御相談いただいた御遺族の方はこのような背景のもとありがたいことに当社に御相談いただきました。また書道用品は未使用のものと使用済みのもので価値が変わりますが多くの書道家の方は墨、筆、和紙は使用された場合が殆どです。そういった場合もご遺族の方は売れるものなのか?あげていいものか?判断に悩まれるかと思われます。そのような時は専門の当社にご相談ください。当社は遺品整理、終活、蒐集品の売却など幅広く対応しております、このたびはありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)