書道具の買取/横浜市

書道具買取専門の「すみのあと」です。神奈川県横浜市から書道具の査定、買取のご案内です。横浜市は神奈川県の県庁所在地で幕末期の開港以来多くの観光客で賑わっており大和市、藤沢市、横須賀市、鎌倉市、逗子市、川崎市に隣接しており荻窪駅そばで35年以上、掛け軸、硯などの査定をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。横浜市は現在は山下公園、赤レンガ倉庫など海に面した立地の良さ、東京へのアクセスの良さなどから観光、デートスポットなどで有名ですが歴史も深く鎌倉に鎌倉幕府がおかれていた時代もあり近年に開発されたイメージが強いですが多くの歴史的な寺社仏閣もあります。

そういった横浜市から査定、買取の対象となりました書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。横浜市で観光業をされながら余暇を楽しむ形で書道をされていた書道家の方だったようです。拝見させていただいた書道具は硯、墨、筆、和紙などの文房四宝や水滴、文鎮、硯箱などの書道用品やお知り合いや先生から譲っていただいたであろう掛軸などが並べられ充実した書道生活を送られた痕跡を見て伺うことができました、横浜市は現代的なイメージが強いですが歴史博物館もあり明治期以降舶来文化の流入もあり、そういった意味では文化度の高い街でもあります。そのような都市では茶道、書道、華道などの文化活動をされる方も多く査定、買取の仕事をしている身からしますと面白いものを見せていただく機会も間々あります。

画像の書道具は実用の書道具が大半ですが文鎮などは展覧会や出品記念、書道仲間との交流でいただいたものかもしれません、記念関係が多い書道家の方程熱心に書道をされていた証左にもつながりますね。書道具は一点一点が小さいので大変な量になるときがよくあります。また墨、硯などに作品を預ける形にもなりますので書道具に拘り硯だけでも数十点所有される方もいらっしゃいます。書道関係の雑誌でも青山杉雨、西川寧などの書道家の書道具のコレクションを紹介しておりますがそれは大変な美術品でもあります。あのような古美術品としての書道具は信頼のおける店でないとなかなか手をだいづらい分野かもしれません。特に骨董品の世界では仏像、古陶磁など真贋の難しいジャンルが多くバブル期に大変な値段で購入したものが贋物だったという話は某番組でもよくとりあげられております、そういう状況は書道の世界においても古端渓、田黄、鶏血などの印材、古墨などにおいてよく見受けられます。高額なものは贋物が多いというお話は宝石など他の世界でもよくありますので購入される際はやはり気を付けないと後で痛い目に合うかもしれません。

今回ご相談いただたい御遺族の方は残された書道具を売っていいのか?あげていいのか?判断に迷われ当社を呼んでいただきました、書道具は一見価値があるものと大量生産品の見分けがしづらいので専門の人間を呼んでいただいた方が正体がわかるため何かと安心できるかと思います、呼んでいただいた方の仕分けのお手つだいをさせていただくことが当社の喜びでもあります。また当社は遺品整理、終活、蒐集品の査定など幅広く承っております。ご自宅に眠っている価値のわからない書道具、掛軸などがございましたら御気軽にご相談ください。このたびは当社を呼んでいただきありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)