書道具の買取/葛飾区

書道具買取専門の「すみのあと」です。東京都葛飾区から書道具の査定、買取のご案内です。東京都葛飾区は東京23区内にあり足立区、江戸川区、墨田区、松戸市、三郷市に接しており杉並区で30年以上硯、掛軸の査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。葛飾区は下町の雰囲気を色濃く残しいてる街で映画「男はつらいよ」などでもよく紹介されております。こういった下町の風情が残る地域では昔ながらの商店も多く、訪れる者を懐かしい気持ちにさせる場所でもあります。

そういった葛飾区から査定、買取の対象となりました書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。葛飾区の商店で自営業をされながら日常の愉しみで書道をされていた書道家の方だったようです。書道は実は馴染み深い文化で多くの方は義務教育で経験されており、成人してから社会人になり時間があいたときに何か趣味を持とうとして書道をされる方は存外多いです。また書道は硯、墨、筆、和紙などの文房四宝に加え水滴、文鎮、硯箱、画仙紙、矢立などの書道用品があれば簡単に始められますので道具類が多く必要な茶道に比して抵抗なく始められる趣味かもしれません。ただ和紙、墨などは消耗品ですので買い続けないと続けられない面もありますが。

画像の書道具は多くの書道をされる方が所持している書道具になります。画像にはありませんが和紙、画仙紙なども多く遺されておりました。やはり書道の練習は和紙と墨を多く所持されている方は熱心な方が多いですね。よくご相談いただきますがこういった書道具は売れるのか?あげていいのか?という判断に迷われることが間々ありますが、和紙、墨に関しては基本的に未使用のものでないと値段がつかないことが多いです、また明時代、清時代の古墨などはまた話が変わってきますが基本的には未使用のものが望ましいです。

今回御相談いただいた御遺族の方はこのような書道用品の背景をご存じなかったので説明したところご納得いただけまして何よりでした。書道用品は小さいものが多く一点一点判断することは難しいかもしれません。その様な時は専門の当社にご相談ください。当社は遺品整理、終活蒐集品の売却など幅広く対応しております。また価値の分からない硯、墨、筆、和紙などを売却されたい方、価値を知りたい方がいらっしゃいましたらお気軽にご相談ください。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)