書道具の買取/横浜市

書道具買取専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県横浜市で書道具の買取、査定に行ってきました。横浜市は神奈川県南部に位置する県庁所在地です。横浜市は藤沢市、大和市、横須賀市、川崎市逗子市に隣接し30年以上硯、掛軸などの査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。横浜市は幕末に開港された横浜港を始めとした港湾都市でその後の明治維新に代表される富国強兵策を通じて外貨を中心とした貿易都市として発展した過去があります。また戦後は政令指定都市に指定され横浜駅の開発が勧められました。また横浜駅はJR、京急線など6社の乗り入れがありhp制作伊藤駅に乗り入れる鉄道事業者数が日本最多でもあります。

そういった横浜市から査定、買取の対象となりました書道具は書道具いろいろです。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。横浜駅そばで仕事をされながらご趣味で書道をされていた書道家の方だったようです。横浜駅は私も浪人時代よく通いましたが大変駅が大きくまた乗降人数も多くよく迷いましたが慣れている方にとっては問題ない行為なのでしょう。そういった中でも書道具屋さんもあり帰宅ついでに見つけられ書道の世界と関わったのかもしれません。書道具と言いますのも硯、筆、墨、紙があれば始められる趣味ですので道具を多く必要とする茶道具に較べれば入りやすい世界かも知れません。書道具も通販で購入できる書道具セットから古美術品の古端渓硯など実に多岐に渡りますが多くの書道家の方が所持されている書道具は画像のようなわりと手軽な実用関係が大半ではないでしょうか?

画像の書道具は恐らく横浜駅など大きな駅のそばで購入できる書道具かと思われます。こうしてみますと書道具も小さいものが多く案外日常の癒しをなっていたかもしれません、ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)