書道具の買取/八王子市

書道買取専門の「すみのあと」です。先日東京都八王子市から書道具の買取、査定をしてきました。東京都八王子市は東京都多摩西部に位置し多摩市、町田市、日野市、福生市、あきる野市相模原市などに隣接しており杉並区で35年以上硯、掛軸などの査定をしております当社も呼んでいただける地域でもあります。八王子市は人口57万人を擁し土地も東京都下で2番目に広いです。そのため大学なども多く都心から八王子市に通学する学生や通勤するサラリーマンも多く京王線は大変込み合っている路線でもあります。また戦国時代から交通の要衝でもあり北条氏や徳川氏から軍事拠点として認定され北条氏照は八王子城を築城しております。

そういった八王子市から査定、買取の対象となりました書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。八王子市で自営業をされながら書道をされていた書道家の方だったようですが所持されていた硯、墨、筆、和紙などは奇麗に整頓されており書道家はものを大事にする方が多いのだなとあらためて認識しました。また自営業をされながら書道という「道」の世界に足を踏み入れることはなかなかにしんどい作業にも思えます。それでも書道具があることで自分だけの心の安らぎの空間が演出されることはある種の「非日常」を味わえたのかもしれません。画像の墨もよく使い込まれております、墨は使い続けることで真価を発揮しやがて消えてなくなる儚い存在であると宇野雪村は言ってましたがなかなかに文学的で的を得た発言です。練習用の安価な墨も高額な古墨もやがて消失しますがその役割が書道家の作品に託されることを考えますと儚くも役割のある存在であると再認識いたします、ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)