書道具の買取(豊島区目白)(文鎮)

}

書道具買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都豊島区目白で書道具(文鎮)の買取、査定に行ってきました。豊島区目白は豊島区西部に位置し、高田、雑司ヶ谷、西池袋、南池袋、南長崎、新宿区高田馬場、下落合、中落合と接し豊島区は北区文京区、新宿区、中野区、練馬区、板橋区と隣接しております。杉並区で30年以上硯、掛軸などの買取、査定をしています当社も近くよくお声がかかります。豊島区目白は「目白御殿」で有名な田中角栄の邸宅や学習院大学と尾張徳川家由来の徳川黎明館が有名です。学生時代を過ごした場所でもあるので個人的には思い入れもあり西口の芸術劇場を通るときは感慨深いです。

そんな豊島区目白から査定、買取の対象となりました書道具は文鎮です。幸運なことに所持されている方とお会いでき文鎮、硯などのご自身が蒐集された書道具に関するお話を聞かせていただく機会をいただきました。文鎮はよほどの高名な作家か高価な材質でない限り手ごろな価格で仕入れることができます。書道の展覧会に出品した記念でよく頂くこともあります。お会いした書道家の方はかなりの数の文鎮を所持されていたので書道の展覧会には熱心に出展されていたことと思われます。書道の展覧会はかなりの数があり、関東だけでも最高峰の日展から高島屋で開催されている現代書道二十人展や独立書展、有山社展、新興書展、現代書作家協会展から各新聞社(読売、毎日)の書展など数限りなく存在しています。熱心な書道家の方はご自身が揮毫された掛軸、額作品をどの展覧会に出展するか逡巡されていたことだと思われます。その記念の証が画像の文鎮ですが、そういった書道家の歴史を考えさせてくれる大切な伴侶にも見えてきます。ありがとうございました、次世代の方に橋渡しをしていきたく思います。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具(文鎮)の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

豊島区は池袋、池袋本町、要町、上池袋、北大塚、駒込、巣鴨、千川、雑司ヶ谷、高松、千早、長崎、西池袋、西巣鴨、東池袋、東池袋サンシャイン60、南池袋、南大塚、南長崎、目白と駅は庚申塚、都電雑司ヶ谷、新庚申塚、巣鴨新田、東池袋四丁目、池袋、巣鴨、大塚、駒込、目白、板橋、東池袋、要町、千川、新大塚、北池袋、下板橋、鬼子母神前、大塚駅前、向原、学習院下などにお住いの方には出張買取をします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)