書道具の買取り/青葉区

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県横浜市青葉区で書道の買取り、査定に行ってきました。横浜市は神奈川県南部に位置し緑区、都筑区、宮前区、麻生区に隣接しており、杉並区で30年以上硯、掛軸などの査定、買取りをしています当社も呼んでいただける地域でもあります。青葉区は東名高速道路と国道246号が走っており私も仕事上よく通りかかります。また都心にも近く通勤にもアクセスがしやすい街でもあります。また青葉区の南側には鶴見川が流れており緑も多く過ごしやすい街と言えるため住宅街も閑静な街並みです。青葉区は歴史もあり明治期には武蔵国、綴喜郡と言われてました。

そういった青葉区から査定、買取りの対象となりました書道具は数のある書道具です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りとなりました。青葉区で芸術の活動を行いながら書道教室までされていた書道家の方でした。書道も芸術分野ですので画家の方や彫刻家の方が自身の創作活動を高めるために書道をされる話は存外多いです。書道教室といってもアットホームな雰囲気で行うスタイルから厳しい指定関係の下日々鍛錬する書道家の方まで様々です。同じことが書道具にも言えます硯、墨、筆、和紙も入門編から古美術品と言える端渓硯など実に多岐に渡ります。

画像の書道具は中国で当時売っていた書道具ですが書道家の方は中国に書道仲間で行き現地で硯や墨を楽しみで買われていたようです。当時は書道も大変なブームで全国各地に書道教室や展覧会が行われていました、その熱気を今は伺い知ることができませんが遺された書籍、書道具を見ると当時の人気ぶりが伝わってきます。往時の熱気を伝えていただく書道具をありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取り専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)