書道具の買取り/文京区

書道具買取り専門の「すみのあと」です。東京都文京区から書道具の査定、買取りのご案内です。東京都文京区は東京都の中央に位置し千代田区、豊島区、北区、新宿区などに隣接しており荻窪駅そばで35年以上、掛け軸、硯などの査定をしています当社もよく呼んでいただける地域でもあります。文京区は東京ドームや旧後楽園球場などのように大型の施設もありながら嘉納治五郎により創建された講道館のような歴史のある建物もあり閑静な住宅街もあります。文京区は都市化と歴史、文化が混在しておりそういった地域からは華道、茶道、書道などの文化活動をされている方も多いかと思われます。

そうった文京区から査定、買取でお呼びいただいた書道具があります。書道具を所持されていた方と幸運にもお会いすることができました。文京区で自営業をされながら書道教室に通い展覧会を見てまわってりしていた熱心な書道家の方でした、また文京区は大東文化大学や各種展覧会にも近く地の利があるため書道を学ぶには大変いい環境といえます。拝見しました硯、筆、墨、和紙などの書道具も良い状態で整えられており水滴、硯箱、文鎮、印材などの書道用品も硯箱の中にまとめて収納されておりました。書道具は一点一点が小さくまとめやすいので何かにつけて量が増えやすいジャンルでもあります。また茶道は茶釜、水指などかさばるものが多いですが書道はそういった意味では種類が少ないので手軽に始められます、また義務教育でも経験しておりますので存外始めやすいジャンルでもあります。また書に触れるいい機会としてはかつては戦後の尋常小学校などの教本があります松本芳翠による教本は今でも多くの書道家に影響を与えておりますがそういった中で教本、手本を見て書道を志す書道家がかつてはたくさんいました。またそういった松本芳翠が実は薬剤師を目指していた、ということは案外知られておりません。その後松本芳翠が主宰した「書海」は多くの書道ファンを生み出すきっかけとまりました。残念なことに「書海」創刊後松本芳翠は急逝しますがその影響力は現在でもあり私もたびたびその掛軸、額作品などに触れさせていただいております。書道を始める動機はそれぞれですが松本芳翠のような教本が入口であったり金子鴎亭のような近代詩文に憧れて書道に興味を持ったり入口はそれぞれです。また青山杉雨、西川寧などの中国書道を研究した王道の書道を学ぶ熱意のある方も大東文化大学などに通われて研鑽を積む方も多いです。

そういった入口はいろいろですが書を始めるには硯、墨、筆、和紙といった「文房四宝」と言われる書道具が必要となります。書道具も書道用品店で売っている練習用の書道具から古美術店で売っている古端渓、古墨、田黄、鶏血石などの印材を始めとした鑑賞の書道具まで非常に幅広くあります。何かの趣味、活動をされる時は特に文化活動の場合書道なら書道具、茶道なら茶道具など自身の活動の礎となる道具が必ず必要となります。そういった意味では道具は自身の伴侶となりうる存在かもしれません、序盤は大量生産品を使っていても時が経ち道を深めたくなる時はさらに高級な道具を集めたくなるのもよくわかります、ただ古い物である場合贋物や写しも多いのでそこが非常に難しいところでもあります。特に骨董、古美術品の領域になりますと信頼のおける店舗や店主との付き合いもまた重要になりますので古い物とひとくちに言っても真作を仕入れることは存外険しい道のりかもしれません。

またそのような価値判断の難しい書道具がご自宅に眠っている場合御遺族の方も判断依に迷われることと思います。金や宝石のように自値打ちがわかりやすいものならいいですが古い書道具や李朝などの骨董品、作家作品の茶道具もそうですがこういった特殊なジャンルは専門家に呼んでいただいたほうが正確にわかりやすいと思います。多くの御遺族の方はこういった価値の分からない物を目にしたとき売っていい物か?あげていいものか?捨てていい物か?判断に迷われるかと思います。そういった意味で当社をお呼びいただきお役にたてて嬉しい限りです。当社は遺品整理、終活、蒐集品の査定など幅広く承っております。ご自宅に眠っている価値の分からない硯、掛軸などの書道具がありましたらお電話、メールなどお気軽にお問合せください。

 

書道具買取り専門「すみのあと」では書道具の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)