書道具の買い取り(埼玉県川越市)

}

書道具買い取り専門の「すみのあと」です。本日は埼玉県川越市元町で書道具の買い取り、査定に行ってきました。埼玉県川越市元町は末広町、氷川町、神明町、石原町、大手町に接し、川越市はふじみ野市、川島町、坂戸市、鶴ヶ島市、上尾市、狭山市に隣接しています。杉並区で30年以上硯、掛軸などの買い取り、査定をしています当社もよく呼んでいただいております。川越市は金沢市、松本市同様戦災から免れた旧城下町としても有名です、江戸期には川越藩の城下町として有名で「小江戸」とも呼ばれています。

さて今回買い取り、査定の対象となりました書道具は印材です。お持ちになっていた方とお会いでき、当時の書道具がご自身にとって如何に大切なものであったかご説明していただきました。書道家というよりは篆刻に重心を置いている方でしたので印材が大量にありました。練習用以外の美術品としての印材も昔持ってらっしゃたようです。書道具は小さいのでついつい買いすぎてしまう方がよくいらっしゃいます。印材は硯同様、素材が石ですので宝石の一種としてまた色彩も田黄、鶏血石、寿山石など多様にあるのでコレクター熱がおこりやすいジャンルでもあります。

画像の印材は篆刻用の練習として使われていた印材で大量生産品です。しかしながら篆刻に対する情熱からか大変な数の印材でした。書道具は硯もそうですが印材も数が増えると大変な重量になります。このような印材で落款を押した掛け軸はさぞ楽しい作業であり、古端渓硯で書を作成していれば興奮も倍増といったところでしょうか。田黄、鶏血石のような高価な石ではありませんが書道を楽しむには十分な役割を果たせますね。印材は小さな書道具ですがその小さな体で様々な表現ができますね、想像力が膨らむ書道具をありがとうございました。

 

書道具買い取り専門「すみのあと」では書道具の買い取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道具買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道具買い取り専門「すみのあと」

川越市は安比奈新田、青柳、旭町、天沼新田、新宿、新宿町、池辺、伊佐沼、石田、石田本郷、石原町、泉町、稲荷町、今泉、今成、今福、牛子、上戸、上戸新町、扇河岸、大仙波、大塚、大塚新田、大塚新町、大手町、大中居、大袋、大袋新田、小ケ谷、御成町、萱沼、笠幡、かし野台、霞ヶ関北、霞ヶ関東、かすみ野、上老袋、上新河岸、上寺山、上野田町、上松原、鴨田、川越、川鶴、かわつる三芳野、岸、岸町、北田島、喜多町、木野目、久下戸、鯨井、久保町、鯨井新田、熊野町、郭町、広栄町、小仙波、小仙波町、小堤、寿町、小中居、小室、幸町、栄、三久保町、三光町、鹿飼、渋井、清水町、下赤坂、下老袋、下小坂、下新河岸、下広谷、下松原、城下町、新富町、新明町、末広町、菅間、菅原町、砂、砂久保、砂新田、諏訪町、仙波町、高島、竹野、田町、月吉町、寺井、寺尾、寺山、東明寺、通町、豊田新田、豊田町、豊田本、問屋町、中老袋、中台、中台南、中台元町、仲町、中原町、中福、中福東、並木、並木新町、並木西町、西小仙波町、日東町、野田、野田町、氷川町、東田町、東本宿、平塚、平塚新田、広谷新町、府川、藤木町、藤倉、藤間、富士見、富士見町、藤原町、古市場、古谷上、古谷本郷、増形、松江町、松郷、的場、的場北、的場新町、南大塚、南田島、南台、南通町、宮下町、宮元町、むさし野南、元町、八ツ島、谷中、山城、山田、吉田、吉田新町、芳野台、四都野台、連雀町、六軒町、脇田新町、脇田本町、脇田町などにお住いの方には出張買い取りをします、東京都を始めとした関東圏に加え全国出張も承りますのでお気軽にお問い合わせください。

 

店舗 書道具買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)