書道具の売却/練馬区

書道具買取専門の「すみのあと」です。東京都練馬区から書道具の査定、売却のご案内です。東京都練馬区は東京23区内にあり緑も多く過ごしやすい町並みとなっております。また比較的若い街であるため近年制作された文化、例えばアニメーションなどの会社も多く活気にあふれております。

そういった練馬区から査定、売却の対象となりました書道具があります。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、売却となりました。練馬区で社会人生活を送りながら余暇で書道を愉しまれていた書道家の方だったようです。書道を愉しむためには最低限必要な書道具があります。それは文房四宝と言われる硯、墨、筆、和紙であります。書道は茶道に比して道具類も少なく華道、香道に比べ義務教育でもあるので比較的入りやすいジャンルかもしれません。他の書道用品としては水滴、矢立、硯箱、画仙紙、文鎮などがあります。どれも一点一点が小さく水滴だけを蒐集される書道家の方もいらっしゃいます。確かに書道具の中でも水滴は愛らしい造形をしており中には北村西望が製作する作家作品としての水滴や伊万里、李朝などによる骨董品としての水滴もありそういった水滴は高値で売却される可能性もあります。

画像の書道具は書道をされる方が実用として使われていた書道用品になります。筆も墨もよく使いこまれており熱心に書道に向き合っていた歴史を感じます、書道家の方は熱心な研究者でもありますので書籍関係や師匠の書道家作品を所持されている場合もよくあります。今回御相談いただいた御遺族の方はこのような書道関係の背景をご存じなく、こちらが説明したところご理解いただけまして何よりです。こういった書道具はそもそも売れるのか?捨てていいのか?あげていいのか?御判断に悩まれることが多々あると思います。またご遺族の方がそういった書道関係を一点一点判断することは難しいと思われます。そういった時は専門の当社にご相談ください。当社は遺品整理、終活、蒐集品の売却など幅広く対応しております。ご自宅に眠っている価値の分からない書道具がありましたらお気軽にご相談ください。

 

書道具買取専門「すみのあと」では書道具の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道具買取専門「すみのあと」はこちらです

書道具買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道具買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けくだ

さい)