書道の買取/豊能郡/書籍/本

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は大阪府豊能郡で書道の査定、買取に行ってきました。大阪府豊能郡は豊能町と能勢町の合成地名です、合成地名は合成される町の一文字を組み合わせることによって成立します。東京都大田区(大森区、蒲田区)などが一例です。豊能郡は京都府亀岡市、兵庫県篠山市、川西市、箕面市、高槻市、茨木市と隣接し30年以上硯、掛軸などの査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。豊野町は大阪でも北部に位置し「大阪の軽井沢」「大阪のシベリア」などと称されてもいます。

そういった大阪府豊能郡から査定、買取の対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。教員生活をされながら書道関係、茶道関係の書籍を買い求めておられる書道家の方でした。硯、掛軸などは日常の愉しみでされていた内容のものですが書道は茶道と違い道具も少ないので手軽に始められるところが魅力でもあり、義務教育でもありますので身近に感じられる趣味としてはうってつけかもしれません。特に教員の方は勉強熱心な方が多いので硯、掛軸などを揃えたり、漢字関係が好きな方は青山杉雨、西川寧などの書籍を買い書道を研究される書道家の方が存外多くいらっしゃいます。

画像の書籍は「中国篆刻業刊」(二玄社)です。明時代以降の文人の篆刻作品を中心に紹介した力作の書道全集です。この巻は何震についての説明が詳しく生来酒好きで来客をもてなすために家族を顧みなかった逸話が遺されております。書道家も芸術家ですので宴やお酒の話はよく出てきますね。有難うございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)