書道の買取/石川県かほく市/書籍/本

}

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は石川県かほく市で書道の査定、買取に行ってきました。石川県かほく市は加賀百万石で有名な加賀地方や輪島塗で有名な能登地方をつなぐ街道に位置しており、河北郡、内灘町、津幡町、宝達志水町に接しております。杉並区で30年以上硯、掛軸などの査定、買取をしています当社もお呼びいただける地域でもあります。またかほく市は街道筋という性質上江戸時代には宿場町として栄えていました。また歴史もあり弥生時代の住居である大海西山遺跡があり、石川県の指定文化財となっております。また哲学者として高名な西田幾多郎の出身地でもあり西田幾多郎哲学記念館もあります。

そういった石川県かほく市から査定、買取の対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方と直接お会いできました。長年書道と絵画を中心とした芸術活動を熱心にされいてる方で硯、墨などの書道具が増えてきたので処分されたい、とのことでした。お知り合いや親せきの方も芸術関係の仕事、表現者であり販売関係であったり色々ですが、そういった仲間内で充実した時間を過ごされている雰囲気が伝わってきました。書道や芸術関係のお話しを伺うにつれ私のような芸術感覚ゼロの人間にはとても真似できない視野の広さが備わっていると思えました。

画像の書籍は「上條信山」(芸術新聞社)で弟子の田中節山が上條信山の作品について解説をしております。上條信山は知らない人はいない位有名な書道家ですが長野の出身であり、お話しを頂いた石川県も近いので石川県でも存外目にするかもしれません。また宮島詠士、張廉卿らとの師弟関係も強く晩年には老荘思想に強く魅かれた様子も描かれております。絵画的表現を目指している今回の書道家の方にとっても大事な資料になったかもしれません。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)