書道の買取/横浜市鶴見区/書籍/硯

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県横浜市鶴見区で書道の買取、査定に行ってきました。横浜市鶴見区は横浜市の18行政区の一つであり横浜市港北区、神奈川区、川崎市川崎区、幸区に接し30年以上硯、掛軸の査定、買取りをしています当社も呼んでいただける地域でもあります。鶴見区は東京湾に接し,ベイブリッジや大黒ふ頭があり高速道路を使用する人にとって鶴見区は馴染みのある地域でもあります。鶴見区は歴史も深く鎌倉時代から鶴見の名称はあり源頼朝がこの地で鶴を放ったことかが鶴見の名称の由来になったともいわれております。また鶴見駅は鶴見区役所などの官公庁施設やイトーヨーカドーなどの商業施設があり、横浜市の住民にとって生活拠点として重要な役割を果たしております。

そういった鶴見区から査定、買取の対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方と直接お会いできました。お若い方でしたが書道を中心に絵画、彫刻など様々な分野の芸術活動をされている方でした。お話を伺ったところご両親、親族の方も絵画、音楽などの芸術方面の仕事をされている方だったようです。芸術関係で生活をしていく、という行為自体が私にとっては恐ろしく壁の高い世界ですがこういったセンスを求められる仕事はできる方にとっては簡単にできてしまうことなのかもしれません。書道に関しては硯、掛軸などの書道具よりも彫刻が好きなせいか篆刻関係が多かったです。確かに篆刻も彫刻ですね、ひとつ教わった気もします。

画像の書籍は「明星印存」です、篆刻家榊原星卿の作品をまとめた書籍ですがこういった篆刻家の作品集は持ってる人は何十人もの篆刻家の書籍を所持しております。やはり様々な篆刻を比較検討している証左ですが篆刻家も熱心です。この書籍では榊原星卿の古稀を祝った内容もありますが榊原本人もこの書籍の中で「今後も篆刻を邁進していきたい」と熱く語っている姿が印象的であり、当時多くの年下であった篆刻家に発破をかけているような気にもなりました。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。