書道の買取/所沢市/書籍/硯

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は埼玉県所沢市で書道の買取、査定に行ってきました。埼玉県所沢市は埼玉県南西部に位置しさいたま市、川口市、川越市に次ぐ人口4位の都市で狭山市、川越市、入間市、新座市、清瀬市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、西多摩郡瑞穂町に接し30年以上硯、掛軸の査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。所沢市は歴史も深く2万年前から人類が定住しています。旧石器時代の遺跡や砂川遺跡は有名です。所沢市は日本武尊も訪れた伝説があります、また武蔵国が現在の府中市に置かれますと所沢市は国府の街道として重要な拠点となった歴史があります。現在の所沢市は宮崎駿の生地として、また「となりのトトロ」のモデルとなった所沢市としたほうが有名かもしれません。

そういった埼玉県所沢市から査定、買取の対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。地元である所沢市で書道を趣味でされていた方のようでしたが青山杉雨、西川寧などの漢字系の書道家の書籍から井上有一、町春草などの人気を博した書道家の書籍が多く、書道家のファンの方だったと思います。また宇野雪村、上田桑鳩らの前衛書道関係の書籍も多く、見識の広い書道家の方でもあったかもしれません。一般に書道家といいますと誰かの弟子となり掛軸作品を揮毫して展覧会に出品することがセオリーかと思われますが今回お伺いしたお宅は硯、掛軸は殆どなく書籍中心でしたので書道よりも書道家の作品が好きな方だったかもしれません。書道家といっても相当数いますので書籍を買い始めたらキリがありませんが、こういった趣味に没頭する時間は楽しいものですね。

画像の書籍は「呉昌碩自用印集」です。呉昌碩は中国を代表する書道家、文人家ですが書だけでなく画も篆刻も能く、掛軸だけでなく印材、硯などの作品も日本中で愛されてます。この書籍はそんな呉昌碩の印譜集です。かなり大掛かりな内容で4冊に分けて相当数の呉昌碩の落款を紹介しております。こういった作品は贋物も多いので編者も相当気を揉んだことかと思われます。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」ではで書道の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)