書道の買取/宇治市/黄檗駅

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は京都府宇治市で書道の買取、査定に行ってきました。宇治市は京都南部に位置し城陽市、京都市、滋賀県大津市、久世郡九御山町に隣接しており30年以上硯、掛軸等の査定、買取をしています当社も呼んでいただける地域でもあります。宇治市は高度経済誌長期から京阪神の住宅街として役割を担い宇治市内で住宅地建設が行われてきた歴史があります。また宇治市は歴史も深く交通の要衝でもあるため承久の乱、宇治河の戦いなど鎌倉時代よりたびたび戦乱の地ともなりました。現在では多くの観光客が訪れる観光地でもあり、街の雰囲気を伝える「カワセミ」も市の鳥として宇治市で見られる清らかな川の流れを表現しております。

そういった宇治市から査定、買取の対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取となりました。黄檗駅そばで寺社関係の仕事をされながら書道をされていた書道家の方だったようです。さすがに京都は古い町並みが多く、毎年観光客で人込みが大変なことになっておりますが同じように歴史あるお寺も多いです。黄檗駅そばの黄檗山萬福寺は古来より黄檗宗隠元が開祖した宗派として日本でも多くの信者がいますが特に煎茶の道では黄檗宗の掛軸などは大変人気があります。お寺で働いている方は書も能くされており浄土宗、真言宗、永平寺などの僧侶が揮毫した掛軸はお茶の世界だけでなく書の世界でも多く愛好されております。

画像の書籍は「日本中国の名蹟展図冊」(日本書芸院)です。日本書芸院創立50周年で開催された書の記念展を書籍に纏めたものですが日本書芸院は戦後すぐに社団法人の認可を受け設立された組織であります。また全国に1万人を超える書道会員を擁する日本でも屈指の書道団体といえます。会員の中には村上三島、日比野五鳳など書道界のスターが名を連ねております。この記念展では書の歴史を「写経」から捉えなおす試みの元、平安のかなから現代の書まで一堂に展示した記念展でもあります。書道が隆盛を誇った時代を感じさせる書籍です、ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道の買取を強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)