書道の買取/品川区/書籍/本

}

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都品川区旗の台で書道の査定、買取に行ってきました。品川区は港区、目黒区、大田区に接しており、杉並区で30年以上硯、掛軸等の買取、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける街でもあります。品川区旗の台は荏原地区にあり東京急行電鉄の旗の台駅を中心とした住宅街です。また武蔵小山商店街が中原街道に接しており活気のある街でもあります。祭事、寺社も多く小山八幡神社は洗足駅より近く11世紀建立の歴史ある神社です。そういった東京都新宿区から買取り、査定の対象となりました書道具は書籍(本)です。

書道具を所持されていた方はお亡くなりになり、御遺族との査定、買取になりました。若いときは地方で書道をされていた方でしたが高齢になり親族の方が住んでいる品川区に引っ越しをされたようです、今回お伺いさせていただいたお宅は閑静な住宅街で荏原町駅も近く交通の便も良いところでした。地方で広いお宅で好みの硯、掛軸を配置し優雅に書道をされるのも最高に楽しい空間でしょうし私もそのような人生を真似してみたいと思いますが年を重ねれば一人でできることがだんだんとできなくなるのは辛いですし親族の方が呼んでいただけたのは幸運な書道家の方だったのかもしれません。都心は地方に比べれば面積は狭いですがやはり便利ですし頼れる方がいるのが何よりの心の支えであったと思います。

書道関係の書籍は○○辞典、○○講座などの基本的な書籍関係でしたが画像の書道入門は数が多いですが研究志向の書道家の方が存外所持されています。今回の書道研究は「中村不折の研究」となっております、骨董、古美術関係の人間なら誰もが知っている洋画家ですが書も能く、掛軸、額作品が多数遺されております。個人的には中村不折を研究するつもりはありませんがこうした熱心な書道家の方は多方面から努力されていたのだと、そういった生き方を学んだ気になりました。有難うございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書籍、本の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)