書道の買取(中野区) 

}

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都中野区で書道の査定、買取に行ってきました。中野区は練馬区、杉並区、武蔵野市、新宿区と接しております、杉並区で30年以上硯、掛軸等の買取、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける街でもあります。中野区は歴史もあり江戸期には畑作や食品工業が整備されており、明治期には都心部からの移住者が増えます。また東中野は旧帝国軍人が数多くいたことも有名です。現在は中野駅周辺に中野ブロードウェイなどの大型商業施設もあり若者を中心に賑わいを見せております。

そういった中野区から査定、買取の対象となりました書道具は書籍()です。お持ちになっていた方は残念ながらお亡くなりになりご遺族と書道具の査定、買取になりました。亡くなられた書道家の方が所持されていた書道具(書籍、硯、掛軸他)を見させていただきましたが書道具はもとより書籍が多かったです。

地元で書道を趣味でされていた方のようでしたが青山杉雨、西川寧などの本筋の書道家の書籍から井上有一、町春草などの人気を博した書道家の書籍も多く、書道家のファンの方だったと思います。画像の書籍は辞典関係です、書道家の方は書道講座、○○辞典など数多くの書籍を所持されていますが書道をされるにあたって最初の入門に使われる書籍です。また当時は書道関係の全集が二玄社、講談社などの出版社から販売され書道関係の全集を揃えるだけでも大変にお金のかかる所業でした。また墨、硯なども良いものを求めればまた費用がかかります。そういった苦労もしながら書道を続けていく様は生半可な気持ちではできません。その入口が画像の辞典関係になります。ありがとうございました、次世代の書道家の方に繋いでいきたく思います。

 

書道買取専門「すみのあと」では書道の書籍(本)の買取を強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取専門「すみのあと」はこちらです

書道買取専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)