書道の買取り/足柄下郡箱根町/書籍/村上三島

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県足柄下郡箱根町で書道の買取り、査定に行ってきました。足柄下郡箱根町は神奈川県西部にあり足柄下郡は箱根町、真鶴町、湯河原町に分かれております、また湯河原町と真鶴町は合併の予定でしたが住民投票の結果合併は中止になった過去があります。足柄下郡箱根町は南足柄市、小田原市、裾野市、三島市、湯河原町に隣接し30年以上硯、掛軸等の査定、買取りをしています当社も呼んでいただける地域でもあります。足柄下郡箱根町は江戸時代には箱根の関所が置かれた場所としてあまりにも有名です。また古くから温泉地としても日本中から観光客が訪れています。温泉地開発では西武グループと小田急グループによる開発競争もあり大きな発展を遂げた過去もあります。また箱根駅伝も長い歴史があり、いろいろな意味で名所の多い箱根町でもあります。

そういった足柄下郡箱根町から査定、買取りの対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りとなりました。書道関係者とのつながりの多い方だったようです。書道業界の商売として書道家が買う書道具が当然ありますがそれを書道具店に卸す業者の方も多数いらっしゃいます。工場で生産している書道具もあれば古美術品といえる硯、掛軸もあり、それはまた違った独自のルートから仕入れております。そこは業者によって仕入れは様々ですが往時の書道業界の景気の良さからなのか大量に書道具の在庫を所持されていた業者の方もいらっしゃいます。こういった話は書道具だけでなく茶道具、骨董の世界でもありそうな話ではあります。

画像の書籍は村上三島の手本帖です。タイトルは「良寛」です。村上三島が良寛の書を臨書した手本であり恐らく当時のお弟子さんが買ったか頂いた手本かと思われます。古筆の名手と謳われた良寛は中国書道が権威を誇る中独特の地位を得ております。特にかな文字の優しい筆致は現代書道家にも大変な人気と影響を与え続けております。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取り専門「すみのあと」では書道の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)