書道の買取り/荒川区/書籍 

}

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は東京都荒川区荒川で書道の査定、買取に行ってきました。東京都荒川区は豊島区、台東区、葛飾区、北区に接しており、杉並区で30年以上硯、掛軸などの査定、買取りをしています当社も近くよく呼んでいただける地域でもあります。荒川区は江戸期には農村でしたが明治期に荒川の水を工業に使用し工業地帯として発展を遂げた歴史があります、明治大正期の工業化政策の中多くの労働者が住み着き、恐らくその時期に現在の下町の原風景ができあがっていったのかもしれません。荒川区荒川は荒川市役所があり東日暮里、西日暮里、東尾久、南千住と隣接しており商業地区や町工場がある昔ながらの下町の雰囲気を醸し出しております。

そういった荒川区荒川から買取、査定の対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されている方はお亡くなりになり、親族の方との査定、買取りになりました。町屋駅から近く交通の便も良いご自宅でした。所持されていた書道家の方は絵画教室もされており恐らく前衛書道のファンだったのではないかなと推察しました。上田桑鳩や手島右卿らが興した前衛書道という潮流は当時の書道家に大変な影響を与えたばかりか書で絵画的表現を目指していた側面もあるため絵画を志していた方や、書道、絵画両面を研究したい方が手本としいていた書道家でもありました。絵画教室、書道教室を併設しご夫婦でされていた話もよく伺います。

画像の書籍は「中国書画話」ですが著者は明治大正期の漢字の権威である長尾雨山です、特に中国文化に対する造詣が深い書道家、儒者でしたがそういった方の中国文化に対するお話はどれも興味深いですね。今回お伺いした書道家の方も日々の仕事の合間に中国文化に対するよもやま話を仕入れていたのではないでしょうか。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取リ専門「すみのあと」では書道具の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)