書道の買取り/港区/書籍

書道買取専門の「すみのあと」です。本日は東京都港区元麻布で書道の査定、買取りに行ってきました。港区は品川区、千代田区、目黒区、中央区に接しており、杉並区で30年以上硯、掛軸等の買取り、査定をしています当社も近くよく呼んでいただける街でもあります。港区元麻布は江戸期には町屋、農耕地が多く閑散としておりましたが明治、大正期に町づくりが形成され日本を代表する盛り場として有名な六本木や大使館が近いということから現在では広尾駅付近など高級住宅街として変貌を遂げております。

そんな港区元麻布から査定、買取りの対象となりました書道具は書籍です。書道具を所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りとなりました。ご遺族の方からお話を伺ったところその書道家の方はお若いころに書道教室をされていた方だったようです。書道に対する情熱が書道の教室に表れており。硯、掛軸など書道のひとつの空間ができあがっておりました。またそういった書道空間は独特の趣といいますか風情がありいつ伺っても一人の書道家が人生を託した小宇宙が長い年月を経て醸成されているかのようです。

画像の書籍は遊印鑑賞大字典(柏美術出版)です。一般に書道家の姓名が刻印されている印材に対して芸術観や人生観を表現した印材が遊印といわれているものです。多くは故事成語ですが印材の4~6文字の間に「天高く雲淡し」「虎穴に入らずんば虎子を得ず」などの意趣を込めた内容を掛軸作品などに使うことはさぞ楽しい作業だったと思います。漢字は表意文字ですので少ない文字数で意味がくみ取れるところも面白いですね。ことわざ辞典のような面白さのある書籍です、ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取り専門「すみのあと」では書道具の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取り専門「すみのあと」

 

店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)