書道の買取り/千葉市/書籍

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は千葉県千葉市で書道の買取り、査定に行ってきました。千葉県千葉市は千葉県中央部に位置し八千代市、習志野市、八街市、東金市、佐倉市、四街道市、市原市、茂原市に接し30年以上硯、掛軸の査定、買取りをしています当社も呼んでいただける地域でもあります。千葉県千葉市は歴史も深く千葉市若葉区には世界でも類を見ない規模の貝塚である加曾利貝塚があります。加曾利貝塚は坂月川を遡った台地に400メートルに渡って分布しており、昭和30年代以降発掘と保存がされ昭和41年には土器や石器を展示する千葉市立加曾利貝塚博物館が開館しマスコットキャラクターである「かそりーぬ」も人気を博しております。

そういった千葉県千葉市から査定、買取りの対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されていた方はお亡くなりになりご遺族との査定、買取りとなりました。サラリーマン生活をされながら書道関係の書籍、骨董関係の書籍を買い求められていた書道家の方だったようです。硯、掛軸、墨などの書道具は実用の書道具が大半でしたが書籍に拘りがあったのか全集関係が多かったです。書道の全集は往時大変な人気を博し相当売れていていました。恐らく研究熱心な日本人の琴線に触れたのかもしれません。一時百科事典が空前のヒットにつながったことも日本人の心性に刺さったからかもしれません。

画像の書籍は「雪竹先生二體書」です。近藤雪竹の手本ですが近藤雪竹は日下部鳴鶴門下の中でも隷書に優れ多くの書道家の手本となりました。この手本は購入された方が一字一字ボールペンでなぞっているため近藤雪竹に対する、書道に対する情熱が伝わってきますね。売り物としては難しいですがこういった書道家の気持ちが伝わる書道具は個人的に好きです。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取り専門「すみのあと」では書道の買取りを強化しております。

 

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)