書道の買取り/横浜市港北区/書籍

書道買取り専門の「すみのあと」です。本日は神奈川県横浜市港北区で書道の買取り、査定に行ってきました。横浜市港北区は東急東横線が走っており新横浜駅、日吉駅などの交通の拠点ともなる駅も多いです。港北区は横浜市鶴見区、緑区、都筑区、神奈川区、川崎市高津区、幸区、中原区に隣接し30年以上硯、掛軸の査定、買取りをしています当社も呼んでいただける地域でもあります。また港北区や神奈川県全体に言えますが基本的に緑が多く、自然を残しながらもニュータウンの建設が進み、住みやすい環境でもあります。また日産スタジアムや横浜マリノスの本拠地のある小机町には多くのサッカーファンなどが集まる居酒屋やサッカー教室もありさながら清水市の様相を呈しております。

そういった横浜市都筑区から査定、買取りの対象となりました書道具は書籍(本)です。幸運なことに所持されている方とお会いでき書道具に関するお話を聞かせていただきました。かなり高齢な書道家の方でしたが書道や硯、掛軸などの書道具に対する情熱的な想いをお聞かせいただき、こちらも仕事を忘れて書道具や書壇のお話に夢中になってしまいました。恐らく団塊の一つ上の世代の方かと思われますがこの世代の方は引退される方も多く故人となる方の方が多いかもしれません。たまたま私のような下の世代で書道に興味がある人間が現れたので何か書道の昔話を次世代に繋ぎたかったのかもしれません。こういったお話は存外多く、年を重ねると自他の世代に何か繋いでいく、というお気持ちが芽生えることは私なりに理解できますし有難い機会です。

画像の書籍は「顔真卿」(文物出版社)です。顔真卿は唐時代の政治家、書家、芸術家とも言われており日本の書壇を始め、アジア全体でも最高の書道家と称されており、様々な分野で多大な功績を残した一種の天才かと思われます。特に秀でた能力が書道だったのでしょう。そういった顔真卿を研究した本、書籍は日本でも様々な出版社が発行しております。それだけ人気と権威がある書道家ということになります。ありがとうございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

書道買取り専門「すみのあと」では書道の買取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買取り専門「すみのあと」

 

 店舗 書道買取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)