書道の買い取り/柏原市/中国篆刻業刊/書籍/本

書道買い取り専門の「すみのあと」です。本日は大阪府柏原市で書道の査定、買い取りに行ってきました。大阪府柏原市は八尾市、羽曳野市、藤井寺市、奈良県香芝市、王寺町、三郷町に隣接し、30年以上硯、掛軸の査定、買い取りをしています当社も呼んでいただける地域でもあります。大阪府柏原市は歴史もあり旧石器時代にまで遡るといわれております。また8世紀には聖武天皇が政情不安を鎮めるために河内国分寺を建立しております。また産業はブドウ栽培、染色業等が盛んです。

そういった柏原市から買い取り、査定の対象となりました書道具は書籍(本)です。所持されている方とお会いすることができました。高齢の方でしたが硯、掛軸などの書道具に対する気持ちははっきりと残っており、御世話になった書道家の先生のことはよく覚えていらっしゃいました。お話させていただいた書道家の方は女性でしたが女性はかな文字をされる方が多いですが漢字、かな共に研究されている書道家でした。青山杉雨、西川寧等の著作も所持されており研究熱心な書道家の方です。こういった研究心の強い書道家の方はお話が大変に盛り上がることが多く時間を忘れてこちらも色々教わることができました。どんなに年齢を重ねても自身が懸けた仕事のことは昨日のことのように話せるものですね。買い取り業務を通して貴重な経験をさせてもらっております。感銘を受けました。


画像の書籍は「中国篆刻業刊」(二玄社)です。近世以降の文人の篆刻作品を紹介した当時でも人気のあった全集です。全41巻ですので読破するだけでも大変な労力ですが研究熱心な書道家にとってはむしろ楽しい読書だったのかもしれません。有難うございました、次世代の書道家に繋いでいきたく思います。

 

 

書道買い取り専門「すみのあと」では書道の買い取りを強化しております。

杉並区で創業30年!書道買い取り専門「すみのあと」はこちらです

書道買い取り専門「すみのあと」

 

店舗 書道買い取り専門「すみのあと」

電話 0120-410-314

住所 東京都杉並区荻窪5-16-15 井上ビル2F

営業時間 11時~17時00分

電話受付時間 9時~20時(営業時間と電話受付時間は異なりますのでお気を付けください)